医学部

化学

概要

 化学は、私達をとりまく物質の構造や性質、機能を明らかにする学問であり、身近な現象に密接に関連しています。生命は数多くの物質によって成り立っており、医学の基礎となる生命科学を学ぶためには、「物質を学ぶ学問」である化学を十分に習得し、原子・分子の視点から見た、生命をつかさどる法則を知ることが重要です。化学教室では、生命科学を学ぶための基礎を身に付けることを目的とした基幹科目「人体を構成する物質」「体液と生体の恒常性」「生体物質の代謝」の教育を担当しています。また、高校化学で学ぶ化学と統合カリキュラムの橋渡しを行う講義「ベーシック化学」、化学の実験に興味を持つ学生のための「化学A」「化学B」、医療人に必要なコンピューターリテラシーを学ぶ「医学情報学」の選択科目を開講しています。さらに、縦断科目「人間関係教育」「基本的・医学的表現技術」「情報処理・統計」を担当しており、豊かな人間性を持つ医師の育成に尽力しています。
 主な研究テーマは、「生理活性物質を指向した有機フッ素化合物の合成開発」で、新たな医薬品のシーズの探索を目指し新しい有機合成反応の開発を行っています。同時に、医療人のための教育に関する研究「医学生に対する人間関係教育」「聴くことに焦点をあてた看護継続教育」を共同研究者と共に実施しています。
 最近では、女子中高生のための理系進路選択支援について力を入れており、学内外の協力者とともに、女子中高生に理系進路への興味を持ってもらえるよう様々な企画を行なっています。

スタッフ紹介

教授
岡田 みどり
専門領域
有機フッ素化学
医学教育
看護継続教育

講師
中村 裕子
専門領域
有機フッ素化学

生物学

概要

当教室は、「細胞の成り立ち」、「組織の成り立ち」、「遺伝と遺伝子」(以上1年)、「比較発生・人体発生」(2年)などの科目の講義や実習を担当し、「選択生物学」では進化生物学を講義している。研究では、鳥類胚の消化管内胚葉の部域化の機構、動物分類体系の統合および海産緩歩動物類の分類、明治から昭和の日本の動物学史の研究を行っている。

スタッフ紹介

准教授
松下 晋
専門領域
発生生物学

講師
石井 泰雄
専門領域
発生生物学

物理学

概要

物理学は現代医療と密接に関係している。生体のメカニズムや、高度な医療・検査機器を正しく理解するために物理学は必要である。本教室は「人体の成り立ち」、「生体画像の基本」および「ベーシック物理」などの科目で医学の物理学的な基礎に関する講義と実習を担当している。さらに、選択科目として、人物を通して物理学を学ぶ親しみやすい講義や、実験を通じて物理を学ぶ講義、人体を理解する上で必要な物理を学ぶ講義を開講している。また、「わくわくサイエンス」という演示実験公開の企画などを毎年行っている。
研究面では、現代物理学の主役である量子力学の応用分野の開拓、自然現象を解明するための数値シミュレーション、効果的な物理教育手法の開発・検証を行っている。

スタッフ紹介

准教授
木下 順二
専門領域
量子エレクトロニクス
物理教育

英語

概要

MD2011という新しいカリキュラムで、国際コミュニケーションという名のもとに英語の授業が展開されている。これは、縦断教育科目の一つであり、6年間を通して、コミュニケーションに必要な英語の四肢能を教育するとともに、将来医療人として国際的に活躍できる人材を育成することを目標としている。
1年生では、1クラス10名程度の小クラスで、英語を母語とする非常勤講師が多数担当しているので、授業だけでなく、あらゆる機会を使って英語によるコミュニケーション能力を高めることができる。選択科目としては、英米文学、ベイシックリスニング、メディカルイングリッシュ、メディカル・ディスカッションを開講している。1年生では、基礎的な英語力をさらに磨くための演習を多く取り入れ2年生以上では、臨床医学英語で英語を母語とするドクターによる講義や、英語による医療面接など、専門分野と連携した英語教育を行っている。
その他、国際交流の場として、本学で研修している海外からの留学生や研修生を囲んで、英語でおしゃべりを楽しむという英語サロンを隔月くらいに開催している。

スタッフ紹介

准教授
鈴木 光代
専門領域
語用論
応用言語学

講師
遠藤 美香
専門領域
言語心理学

日本語学

概要

医学部縦断カリキュラム「基本的・医学的表現技術」の講義を担当している。1,2学年では当教室の教員が科学的な表現技術の基礎について講義を行うほか、他の一般教育系、基礎系教員と協働し、大学生として基本的な読解力および文章力、学び・気づき・変容を省察し表現するための技能や、社会人として多様なケースで多様な他者と目的に応じた関係を構築・維持するために必要な技能の習得を目指した講義展開を行っている。このほか、医学部縦断カリキュラム「情報処理・統計」、「人間関係教育」の科目を一部分担しているほか、「文章表現」(1~4学年選択科目)、「スピーチコミュニケーション」(1~4学年選択科目)を開講している。担当教員の専門である医事法学の講義も4年次で行っている。

スタッフ紹介

講師
辻村 貴子
専門領域
アカデミック・ライティング
医事法学

外国語文化

概要

本研究室では、選択科目として、中国語(初級)、韓国語(初級)、ドイツ語(初・中級)、フランス語(初・中級)の外国語科目の他、ドイツ語圏の文化、フランス語圏の文化を扱う科目、およびアジア・アフリカ諸国の文化を主題とするオムニバス形式の「外国文化」の科目を開講し、様々な意味でグローバル化する世界で生活していくための基礎となる語学知識や技能向上のサポートの他、国内・国外を問わず人々が時に直面する「異文化」接触において、考える力やその土台となる知識を養うための契機を提供する。また、交換留学を目指す学生の語学サポートや渡航前指導、語学系の資格取得を目指す学生のサポートなども随時行っている。

スタッフ紹介

講師
足立 綾
専門領域
フランス地域文化研究
外国語・外国文化教育

医学部