医学部

内科

概要

約50名の医局員が在籍し、ほぼすべての内科サブスペシャリティ領域の専門医がいます。一方で、総合内科医として救急から慢性期までどんな内科疾患の診療も行えます。高齢化が進んだ地域の中核病院であり、93床の約半数は高齢者の救急入院です。教育にも力を入れており、学生教育では高齢者医療を担当し平均10名の初期研修医を受け入れています。

スタッフ紹介

内科部長 教授
佐倉 宏
専門領域
糖尿病

教授
渡辺 尚彦
専門領域
循環器

准教授
柴田 興一
専門領域
神経

准教授
中岡 隆志
専門領域
循環器

准教授
小川 哲也
専門領域
腎臓

准教授
森 直樹
専門領域
血液

講師
樋口 千恵子
専門領域
腎臓

講師
久保 豊
専門領域
循環器

講師
大森 久子
専門領域
循環器

講師
佐藤 恭子
専門領域
循環器

講師
大野 秀樹
専門領域
消化器

講師
高木 香恵
専門領域
膠原病

客員教授
永野 伸郎
所属
医療法人社団日高会
腎臓病治療センター/日高学術研究センター
研究統括部長
治験事務局長
東京女子医科大学 客員教授

客員教授
柴田 重信
所属
早稲田大学先端生命医科学センター
先進理工学部
生理・薬理研究室

ページの先頭へ

外科

概要

東医療センター外科では「食道と胃」「大腸と肛門」「肝臓、胆道、膵臓」「小児外科」という4つの臨床グループに別れて教育、診療、研究を行っています。
各種疾患の検査および診断、通常の手術に加え各種鏡視下手術、早期消化管がん(食道、胃、大腸)や食道静脈瘤に対する内視鏡治療、門脈亢進症に対する減圧術、進行がんに対する化学療法(抗がん剤)や免疫療法(活性化自己リンパ球移入)などの臨床研究を行っています。また、小児外科担当の医師も2名おり、外科全般の救急患者に対応する体制も整っています。

スタッフ紹介

教授
成高 義彦

准教授
勝部 隆男

准教授
吉松 和彦

准教授
島川 武

准教授
塩沢 俊一

講師
横溝 肇

小児科

概要

小児科専門医の研修施設として、小児救急、小児保健、そして内分泌・代謝疾患、生活習慣病、感染症、アレルギー疾患、神経疾患、循環器疾患、血液・腫瘍、心身症、など各種疾患の専門医療を行っています。

スタッフ紹介

教授
杉原 茂孝
専門領域
内分泌
糖尿病

講師
大谷 智子
専門領域
アレルギー

講師
本間 哲
専門領域
循環器
川崎病

講師
松岡 尚史
専門領域
内分泌
代謝

講師(兼任)
加藤 文代
専門領域
血液
腫瘍

整形外科・リウマチ科

概要

診療、研究、教育といった大学病院の本来持つべき機能の面でも大きく発展するよう努力し、すべての方に満足していただける科でありたいと思っております。

スタッフ紹介

教授
千葉 純司
専門領域
膝関節外科
股関節外科
関節リウマチ
骨粗鬆症

准教授
神戸 克明
専門領域
関節リウマチ
肩関節外科

形成外科・美容医療部

概要

形成外科とは、機能回復とQOL(Quality of Life)の向上を目的とする外科です。先天性体表面奇形(唇裂・口蓋裂、多指症・合指症、小耳症・副耳など)、皮膚腫瘍(良性・悪性)、熱傷、顔面や四肢の外傷(顔面骨骨折、切断指など)の治療をはじめ、再建手術(乳癌をはじめとする悪性腫瘍切除後の再建)やほくろやあざなどに対するレーザー治療、糖尿性壊疽などの種々の難治性潰瘍に対する治療を行っています。

スタッフ紹介

教授
井砂 司
専門領域
形成外科一般
熱傷
頭蓋顎顔面外科
再建外科

講師
片平 次郎
専門領域
形成外科全般
顎顔面外科手術
マイクロサージャリーによる再建手術
熱傷
皮膚悪性腫瘍手術

講師
堀 圭二朗
専門領域

脳神経外科

概要

1次から2次までの脳神経外科救急疾患(脳神経外傷・脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)・小児頭部外傷。良性脳腫瘍(特に髄膜腫)・脳動脈瘤・三叉神経痛・脊椎脊髄疾患を扱っています。
脳動脈瘤、もやもや病の遺伝解析、髄膜腫の遺伝解析、三叉神経痛の長期成績、脳神経外傷、脳卒中の画像診断などの研究を行っています。

スタッフ紹介

教授
糟谷 英俊
専門領域
専門領域
脳動脈瘤
髄膜腫
三叉神経痛

講師
笹原 篤
専門領域
専門領域
脳血管障害
水頭症
神経内視鏡

講師
米山 琢
専門領域
専門領域
脳血管障害

心臓血管外科

概要

教育機関として、臨床能力、研究する姿勢、社会性ともにバランスのとれた医師を育成することを主眼としている。心臓血管外科・呼吸器外科が含まれ、一般に多くみられる循環器疾患全般ならびに呼吸器疾患全般の外科治療ならびに研究を行っている。研究に関しては、基礎を踏まえたうえで治療に直結した実践的な臨床研究を主体にしている。

スタッフ紹介

教授
中野 清治
専門領域
心臓血管外科

臨床教授
前 昌宏
専門領域
呼吸器外科

皮膚科

概要

授業では[皮膚科学]で紅斑症、紫斑、皮膚悪性腫瘍を、[加齢と老化、臨終]で皮膚・口腔疾患の講義を行う。研究内容としては、メラノーマなどの悪性腫瘍と母斑の鑑別に役立つダーモスコピー、表在性・深在性皮膚真菌症、アトピー性皮膚炎とざ瘡の細菌学、美容皮膚科、マイクロコイルMRIなどを用いた画像診断などがある。

スタッフ紹介

教授
田中 勝
専門領域
ダーモスコピー
皮膚腫瘍
皮膚外科

講師
石崎 純子
専門領域
皮膚真菌症
褥瘡

講師
出来尾 格
専門領域
アトピー性皮膚炎
皮膚細菌学

泌尿器科

概要

泌尿器科では泌尿器科疾患全般を対象としていますが、特に悪性腫瘍の手術が多くなっています。特にDaVinciを用いたロボット支援手術により前立腺全摘除術、腎部分切除術を行っており、最先端の手術に触れることができます。また、その他にも内視鏡を用いた膀胱癌手術、結石破砕術など、泌尿器科ではさまざまな低侵襲手術を見る事ができます。研究でも悪性腫瘍の予後因子、腎部分切除における腎機能温存の方法についての臨床研究を行っております。

スタッフ紹介

教授・部長
近藤 恒徳
専門領域
泌尿器悪性腫瘍
一般泌尿器科学
泌尿器腹腔鏡手術
泌尿器科ロボット
手術
腫瘍免疫学
腎不全外科

産婦人科

概要

医学部4年生の系統講義(産科学、婦人科学)、6年生の講義(内分泌機能検査)を担当するとともに、5年生の自主選択実習を担当しています。
研究では、周産期領域では母体栄養と胎児発育、高機能分娩シミュレータを用いた指導法の検討、婦人科腫瘍では手術療法と化学療法に関する研究を行っています。

スタッフ紹介

教授・部長
髙木 耕一郎
専門領域
周産期医学(母体・胎児)
不妊症
婦人科内分泌

准教授
長野 浩明
専門領域
婦人科腫瘍

准教授
村岡 光恵
専門領域
周産期医学(母体・胎児)
思春期学

眼科

概要

視覚は健康と快適な生活の維持向上に重要です。白内障、緑内障、角膜疾患や糖尿網膜症など様々な疾患に対し、先端的技術と豊富な経験によって全力で対応しています。眼瞼下垂や皮膚弛緩症の手術や小児斜視の管理も豊富です。特殊コンタクトレンズによる視力矯正やスポーツ外傷または現代に多いアレルギー疾患の分析などに優れていることも特徴です。

スタッフ紹介

教授
須藤 史子
専門領域
白内障手術
屈折矯正手術
糖尿病眼合併症

講師
亀井 裕子
専門領域
感染症
コンタクトレンズ
緑内障

耳鼻咽喉科

概要

当科は良性疾患の手術治療を得意としており、手術室での手術件数は東京でも屈指の年間600件に及びます。質・数とも全国有数の耳科手術では、毎年他施設より多くの見学者をお迎えしています。
各領域で最善の治療を提供するスペシャリストとなるべく鍛錬する先輩の姿は、これから医師として歩む皆さんの糧となると思います。

スタッフ紹介

教授
須納瀬 弘
専門領域
中耳・側頭骨疾患
(慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、側頭骨良性腫瘍、錐体せん疾患など)

准教授
余田 敬子
専門領域
扁桃
睡眠時無呼吸
性感染症

救急医療科

概要

東京都の区東北部(荒川区、足立区、葛飾区)の救命救急センターとして、重症患者を圧倒的な症例数、受け入れています。集中治療からER診療まで、幅広く様々な疾患を学ぶチャンスに溢れています。当科の救急医は、体幹部外傷などの緊急手術の執刀、消化管出血に対する内視鏡による止血、初療における心肺補助装置(PCPS)を用いた心肺蘇生などActiveな治療も行っています。DMATなどの災害医学にも力を入れています。

スタッフ紹介

教授・部長/救命救急センター長
庄古 知久
専門領域
救急医療
外傷外科
Acute Care Surgery
消化器 災害医学

講師
出口 善純
専門領域
救急医学
腹部外科
災害医療

精神科

概要

精神科治療:心理社会療法及び社会援助システム(医学部精神系講義)、精神科構造化面接とその実際(医学部臨床系実習精神系)を担当。
主な研究内容は、臨床精神薬理、うつ病と双極性障害の転帰調査、不安性の苦痛と全般性不安障害の関連、リエゾンコンサルテーションなど。

スタッフ紹介

臨床教授・准教授
大坪 天平
専門領域
気分障害(うつ病・双極性障害)
不安障害の薬物療法
リエゾン・コンサルテーション

麻酔科

概要

授業は高齢者の麻酔、実習では人形使用の静脈確保、気管挿管、腰椎穿刺、エコーガイド下中心静脈穿刺、神経ブロックなど体験型の教育を行っている。研究内容は微小循環、血液凝固、心臓麻酔、神経ブロック、ERAS、笑気、人工呼吸、脊髄刺激などで、文部科学省科学研究費を3名が獲得し医局員全員が研究に励み毎年アメリカ麻酔学会で発表している。

スタッフ紹介

教授
小森 万希子
専門領域
麻酔全般
ペインクリニック

臨床教授
小髙 光晴
専門領域
心臓麻酔
集中治療
ペインクリニック

准教授
西山 圭子
専門領域
集中治療
麻酔全般

講師
市川 順子
専門領域
麻酔全般
心臓麻酔

放射線科

概要

当科では最新画像診断装置を用いて、画像診断業務を行っています。医学部4年生の臨床基礎実習、5, 6年生の選択科実習を担当し、研修医の教育にも力を注いでいます。CTの逐次近似画像再構成法、Dual energy CT、MR elastography, Tomosynthesisなどについての研究を行い、その成果を積極的に発信しています。

スタッフ紹介

教授
鈴木 滋
専門領域
画像診断(特に呼吸器、循環器)
医療被ばく管理

准教授
片田 芳明
専門領域

講師
町田 治彦
専門領域
画像診断(特に循環器)

歯科口腔外科

概要

当科では一般歯科、歯科口腔外科疾患を対象としています。一般歯科治療や有病者の歯科治療のほか、口腔領域の良悪性腫瘍、骨折を含む外傷、粘膜疾患、炎症、嚢胞、顎関節症などの治療を行っています。
研究では疾患の臨床的検討、病理組織学的検討、細胞の増殖能や細胞死などを研究課題としています。

スタッフ紹介

部長代行・准教授
金子 裕之
専門領域
歯科口腔外科全般

講師
小野沢 基太郎
専門領域
歯科口腔外科全般

周産期新生児診療部・新生児科

概要

区北東部の周産期医療をになう拠点として位置づけられている。主に地域の一般新生児疾患・未熟児の診療を行っているが、全国から呼吸器疾患の新生児・小児が紹介されてくる。新生児小児の気管支鏡検査は約800件/年、肺機能検査、中枢性呼吸機能検査、呼吸耐力検査など特殊検査も数多く行っている。

スタッフ紹介

教授
長谷川 久弥
専門領域
新生児一般
小児呼吸器

乳腺診療部

概要

当科は乳腺疾患に特化した最新の診療を検診、診断、治療まですべて包括的に行っています。手術においては乳房温存療法やセンチネルリンパ節生検の臨床研究を、薬物療法においては術前化学療法の第II相試験やホルモン療法の骨密度への影響に関する臨床研究を行っています。また、各種薬物療法の臨床試験などに積極的に参加しています。

スタッフ紹介

准教授
平野 明
専門領域
乳腺手術
乳癌化学療法
乳癌ホルモン療法
乳癌診断・検診

骨盤底機能再建診療部

概要

骨盤臓器脱、腹圧性尿失禁、過活動膀胱、間質性膀胱炎、前立腺肥大症、膀胱腫瘍など骨盤内疾患を中心に診療。腹圧性尿失禁にはTVT・TOT手術、骨盤臓器脱には従来の子宮摘出術のほか、メッシュ利用のTVM手術、腹腔鏡下仙骨膣固定術などを行う。
研究は尿流動態検査を用いた排尿機能および間質性膀胱炎の病理。授業はSG4の排尿機能とSG7の泌尿器疾患の加齢と老化を担当。

スタッフ紹介

教授
巴 ひかる
専門領域
排尿機能
女性泌尿器科
腹腔鏡手術

在宅医療部

概要

若年者から超高齢者まで、様々な疾患、障害で通院困難な患者さんの訪問診療を実践しています。患者さんやご家族が、安全で心地の良い在宅療養を継続できるように、個々の患者さんの医学的評価、適切な治療の選択はもちろん、総合機能評価、家族介護者の介護負担や多職種連携にも目を向けた診療の追求、教育を行っています。

スタッフ紹介

講師
生沼 幸子
専門領域
総合内科
循環器内科
在宅医療

客員教授
太田 祥一
専門領域
医療法人社団 親樹会 恵泉クリニック 理事長・院長
東京医科大学 救急・災害医学分野 兼任教授、地域医療指導教授

病理診断科

概要

基礎医学としての病理学と、臨床医学としての病理診断学の両面から診療・教育・研究に携わる部門で、日常業務である地域基幹病院の病理診断・病理解剖を担当する傍ら、医学生教育、研修医教育、また専門領域の研究、各臨床科の研究支援を行っている。

  • 授業科目:妊娠と分娩(病理)、臨床基礎実習
  • 研究内容:胎盤病理(utero-placental undeperfusionの形態変化)
         女性生殖器悪性腫瘍のepithelial- mesenchymal transition, 等
         心臓・血管の病理
         アミロイドーシス

スタッフ紹介

教授
藤林 真理子
専門領域
妊娠・分娩の病理
(子宮内膜・胎盤検査を中心に)

講師
河村 俊治
専門領域
血管・心臓の病理
(アミロイドーシス)

輸血部

概要

輸血関連検査および輸血管理を24時間体制で実施するとともに、血液製剤を適正に使用することの院内徹底や自己血輸血療法が安全で確実に実施できるよう管理体制の充実を図っています。

スタッフ紹介

講師
加藤 文代
専門領域
小児血液
腫瘍

検査科

概要

検査科は、内視鏡内科と臨床検査科の部門を統括しています。内視鏡内科では、消化管の内視鏡診断と治療を専門・指導医が行っており、苦痛の少ない安全で精度の高い診療を行っています。特に大腸腫瘍に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)は、年間100例以上を施行し、全国でも有数の症例数を安全かつ確実に施行しています。早期大腸がんの内視鏡治療成績は、治癒率99.6%と極めて良好です。臨床検査科では、正確で迅速な検査と徹底した精度管理で患者さん本位の医療を支えています。また、医学部4年生のセグメント8の臨床基礎実習を担当しています。更にH29年度からは、新専門医制度の臨床検査専門医研修プログラムの基幹施設となる予定です。

スタッフ紹介

部長・教授
加藤 博之
専門領域
消化器内視鏡学
消化器外科学
臨床検査医学

准教授
坂本 輝彦
専門領域
消化器内視鏡学
消化器内科学
臨床検査医学

医学部