医学部

腎臓小児科

概要

腎臓小児科は、1978年(昭和53年)1月に、伊藤克己(いとうかつみ)名誉教授が東京女子医科大学人工腎臓センター(腎臓病総合医療センターの前身)に着任し、小児腎臓病診療を開始したことに始まります。1979年(昭和54年)4月に、東京女子医科大学病院の3番目の臓器別センターとして腎臓病総合医療センターが設立され、同時に腎臓小児科が独立した診療科としてスタートしました。1983年(昭和58年)5月に、伊藤克己先生が腎臓小児科の初代教授に就任され、小児腎臓病診療における多大な功績をあげられて2004年(平成16年)3月に定年退官されました。同年4月に服部元史(はっとりもとし)が腎臓小児科診療部長に就任、2005年(平成17年)11月に二代目の教授に就任し、現在に至っています。現在スタッフは、教授1名、講師1名、非常勤講師3名、派遣講師1名(千葉県こども病院へ出向)、助教5名(1名は国内留学)、医療練生5名、臨床修練生3名という構成です。

当科の特色は、①日本の大学病院のなかでは唯一独立した診療科として小児腎臓病を専門に標榜していること、②東京女子医科大学病院内の腎臓病総合医療センターを構成する診療科(泌尿器科、腎臓内科、腎臓外科、血液浄化療法科)や、小児総合医療センターを構成する診療科(小児外科、小児科、循環器小児科、新生児部門、麻酔科)、さらに当院内の種々の部門(臨床工学部、病理検査室、臨床検査室、看護部、医療安全対策室など)と親密なコミュニケーション・連携を図ることで、東京女子医科大学病院の総力を結集してあらゆる小児腎臓病に対して最善の治療が提供できるように体制がとられていること、③これまで全国の大学病院や基幹病院から100名以上の医師が国内留学という形で当科にて研修をしているため、全国に広がる医療連携のネットワークが確立し、難治例の症例相談やスムーズな患者紹介が可能となっていることです。
 

教育内容

1)学生教育
当科は腎臓病総合医療センターおよび小児総合医療センターの構成診療科として、医学部学生、看護学部学生及び大学院生の教育に携わっています。臨床実習後半の選択実習では診療問題解決型臨床実習のもとスチューデントドクターとして実習することを目指しています。
2)卒後教育
初期臨床研修医の小児科研修を担当しています。また後期臨床研修では小児科医療練士総合プログラムのもと小児総合医療センターとしてプライマリケア、地域医療、救急から専門領域の高度医療の実践と研究・教育を行っています。また、小児腎臓病専門医を目指す若手医師を国内留学生として広く受入れ、多彩な症例に基づいた専門医教育を実践しています。
 

研究内容

当科は小児腎臓病に関して、臨床研究から基礎的研究まで他施設と広く連携して行っています。
1) 臨床研究
小児腎炎・ネフローゼ症候群の治療、小児腎不全の治療が主な臨床研究分野です。小児重症紫斑病性腎炎に対する血漿交換療法(AJKD, 1999)、小児ANCA関連腎炎の全国疫学調査(JASN, 2001)、小児難治性ネフローゼ症候群に対するLDL吸着療法(AJKD, 2003)、腎移植後FSGSに対する血漿交換療法(Am J Transplant, 2008)、腎移植後FSGS再発予防を目的としたリツキシマブ+血漿交換療法(Pediatr Transplant, 2012)、原発性過蓚酸尿症に対する肝腎複合移植 (日腎誌, 2006)、常染色体劣性遺伝型多発性嚢胞腎(ARPKD)に対する先行的腎移植(日児誌、2007)、腎移植後EBウイルスモニタリング(Pediatr Transplant, 2011)、小児末期腎不全患者の腎代替療法開始時期の検討(日児腎誌, 2012)、小児腹膜透析患者へのダルベポエチンアルファ:多施設共同前向き研究(CEN、2013)などが主な論文業績です。さらに、本邦における小児腎不全患者の実態把握システムの構築と疫学調査研究の推進にも努めています(CEN, 2015)。

2) 基礎的研究
研究テーマは臨床に直結したものであり、主な研究テーマは、腎移植後FSGS再発に関する病因・病態の解明と画期的治療法の開発(東京大学小児科、Bristol大学)、小児ネフローゼ症候群の原因遺伝子解析(関西医科大学内科、理化学研究所など)、ARPKD-iPS細胞研究(京都大学iPS細胞研究所)、腎移植後ウイルス感染に対する特異的T細胞療法(東京医科歯科大学小児科)などです。


 

スタッフ紹介

教授
服部 元史
専門領域
小児腎臓病

講師
三浦 健一郎
専門領域
小児腎臓病

医学部