施設将来計画


【東医療センター移転計画】については現在作成中です





本計画について


本学では、河田町キャンパス(新宿区河田町)において、キャンパス全体の再整備を行う施設将来計画を実施しております。


第一ステップとして現在解体中の1号館等の跡地に、分散している医学部と看護学部が集約される「新校舎棟-1」を建設いたします。



コンセプトは「異なるものを開いてつなぐ」


コンセプト
本学の建学精神である“自立”と理念である“至誠と愛”を基に、教育・研究・診療の連携が可能な施設づくりを行います。 医学部と看護学部、教室間の垣根、学生と教職員、このような異なる空間と異なる心をつなぐ、協働教育の場を創出します。


その後、中央校舎をはじめ北校舎、西病棟、糖尿病センター、弥生記念講堂を解体し、その跡地に2025年、第2病棟を建設することを計画しています。また、第2病棟へ移転する中央病棟と東病棟の跡地には本部講堂棟を建設し、本計画の全体像完成は2028年末頃の予定としています。


これにより今まで以上に一人ひとりの患者さんに寄り添った医療を提供し、本学で学ぶ学生がよりよい環境で学べる場を構築することを目指します。