医学部

薬理学

概要

脳下垂体や甲状腺を中心とする内分泌薬理学の歴史をもつ。
2002年4月から癌・白血病と血管新生における分子生物学の研究歴をもつ丸義朗教授がくわわった。分子標的治療を意識した癌・白血病細胞の増殖制御、ゲノム不安定性とDNA修復の分子生物学、細胞周期、血管内皮細胞増殖因子、活性酸素産生分子群、炎症関連分子、熱ショック蛋白、フリーラジカルなどの研究をそれぞれ進めている。最近7年間は、上記複数の研究を関連させながら、<炎症とがん転移>の研究も実施している。免疫学をはじめとする薬理学以外の学問大系も教室員全員で勉強しながら取り組んでいる。薬を意識すれば多くの学術領域も包含するのが薬理学の特徴である。この特徴をそなえている<炎症とがん転移>は当教室の巨大な挑戦的研究課題である。
 

教育内容

講義は、医学部第1学年の(1)「人体の成り立ち」の<人と薬物>、「生体システムと制御機構」の<自律神経作用薬と生体反応>、「遺伝と遺伝子」の<癌遺伝子と癌抑制遺伝子>、第2学年の(2)「治療の基礎」の科目責任者である他に、(3)「生体防御・免疫」の<マクロファージと微生物>、「生体と微生物」の<化学療法薬>と<抗菌薬と薬剤耐性>、「循環器」、「腎尿路」、「基本的医学的表現技術」、(4)他学年の臓器別授業での薬理学各論、第3学年の「消化器」、「脳神経」、「精神」、第4学年の「免疫・アレルギー疾患・膠原病」、「妊娠と分娩」、「基本的治療法」、(5)大学院の<臨床薬理学総論>、(6)先端生命医科学研究所「バイオメディカルカリキュラム」の<薬理学>、(7)看護学部「薬理学」の科目責任者、看護学部大学院薬理学講義、を担当する。実習は、医学部第2学年の(1)二重盲検法、(2)動物を用いた中枢神経作用薬、(3)平滑筋作用薬、(4)循環器系作用薬、(5)薬物の体内動態、などを行う。
 

研究内容

当研究室の最近の大きな研究テーマは、癌関連および炎症遺伝子が、癌の増殖、転移においてもたらす影響を調べるものである。原発癌細胞の増殖、遊走、転移先への侵入、増殖をin vitro, in vivoで検討している。さらに、原発癌が宿主側の細胞にどのような影響をもたらすかを、癌細胞が存在する微小環境、転移前に転移先にもたらす影響の方向からも検討している。扱う分子は、血管内日細胞、骨髄細胞、肺上皮、 肝臓細胞、免疫応答細胞などに関係するもので多岐にわたり、教室構成員全員が独自のテーマを持ち、研究を進めている。また、がんの分子標的薬で最先端を走っている慢性骨髄性白血病の治療薬に関する薬剤耐性の分子機構とその対応策への提案をするための実験を施行している。

スタッフ紹介

教授・講座主任
丸 義朗
専門領域

白血病
血管新生
炎症

准教授
平塚 佐千枝
専門領域

血管新生

講師
塚原 富士子
専門領域
白血病
分子シャペロン

大学院

研究内容をご参照ください。
 

医学部