医学部

内科学(第三)(糖尿病・代謝内科)/糖尿病眼科

概要

  • 1975年に開設された糖尿病センターを母体に、1978(昭和53)年に独立・開設された講座である。糖尿病を中心に、脂質異常症、肥満、動脈硬化症、メタボリックシンドロームなど糖尿病・代謝疾患およびその種々の合併症すべてについて、卒前および卒後教育と基礎的および臨床的研究を担当している。
    糖尿病は、糖代謝に関わる少なくとも8つの臓器の器質的/機能的不全によるインスリン作用不足の結果、慢性高血糖を特徴とする広範な代謝異常を起こし、網膜症、腎症、神経障害や種々の大血管障害を引き起こす、つまり全身の血管障害を引き起こす疾患である。
    「21世紀の国民病」と呼ばれ、ますます増加する糖尿病患者に対し、糖尿病・代謝内科と糖尿病眼科は、臨床各科と緊密な連携を保ち、スタッフ一同、チーム医療の実践に努めている。
    研究面について述べる。糖尿病眼科は糖尿病網膜症の成因および病態の研究を、糖尿病・代謝内科には8つの研究グループ(小児ヤング、妊婦、心血管障害、足病変、神経障害、肥満脂質異常、腎臓、遺伝関連)がある。教育内容を参照されたい。
 
 

教育内容

8つの研究グループ(小児ヤング、妊婦、心血管障害、足病変、神経障害、肥満脂質異常、腎臓、遺伝関連)と網膜症研究の眼科グループに分かれて研究をしている。
大きくまとめると、分子生物学的アプローチから糖尿病(1型、2型、その他特定の型)の成因や原因遺伝子解析、新しい治療法の開発、慢性合併症の成因と治療そのリスク因子解析、糖尿病と妊娠に関する研究、肥満や脂質異常症の成因と治療に関する研究、疫学的アプローチから糖尿病発症および合併症発症への予後因子解析など、幅広い研究活動を行っている。
そして、糖尿病センター医局員総出でおこなっている研究が、2012年から開始した糖尿病診療に実態に関する大規模調査(DIACET)である。得られた結果は患者さんへ還元し、明日への治療の改善につなげる。
 

研究内容

スタッフ紹介

教授・講座主任
馬場園 哲也(糖尿病・代謝内科)
専門領域
糖尿病性腎症の基礎的・臨床的研究
高齢者糖尿病に関する研究

教授(兼務)
佐藤 麻子(糖尿病・代謝内科)
専門領域
糖尿病患者における心血管障害、臨床検査

准教授
岩﨑 直子(糖尿病・代謝内科)
専門領域
糖尿病及び糖尿病合併症の遺伝解析
薬剤感受性多型
糖尿病の治療一般

准教授(兼務)
宇治原 典子(糖尿病・代謝内科)
専門領域
糖尿病腎症と高血圧

准教授
中神 朋子(糖尿病・代謝内科)
専門領域
糖尿病臨床疫学
糖尿病における肥満・脂質異常代謝

講師
柳澤 慶香(糖尿病・代謝内科)
専門領域
糖尿病と妊娠

講師
三浦 順之助(糖尿病・代謝内科)
専門領域
1型糖尿病に関する基礎的臨床的研究

教授
北野 滋彦(糖尿病眼科)
専門領域
糖尿病網膜症

講師
廣瀬 晶(糖尿病眼科)
専門領域
糖尿病網膜症

医学部