医学部

神経内科学

概要

神経内科学教室では 脳神経疾患全般に亘る幅広い診療 教育 研究活動を行っています。とくに高齢化社会を迎えてますます増加する脳卒中 認知症 パーキンソン関連疾患の診療 研究に積極的に取り組み また神経難病である神経免疫疾患、運動ニューロン疾患 末梢神経・筋肉疾患についても神経電気生理検査、神経筋生検検査を用いレベルの高い診療活動を行っています。神経内科疾患各領域のエクスパートによる診療 教育活動は 学生にも好評で 初期研修医 神経内科専門研修医それぞれに応じた教育カリキュラムを作成しています。脳卒中ではtPA療法を含め急性期診療から慢性期再発予防まで幅広く診療活動を行い、最新の神経画像診断を駆使して個々の患者に応じた最適の治療を行っています。当科の特徴は、上記神経内科各領域の患者さんを幅広く診療していることであり近隣の診療所との医療連携を進めていますので、神経内科専門医を目指す研修にとって最適の環境を準備できていると思います。神経内科専門医を目指していくうえで個々のサブスペシャリティをきわめていただき 神経内科各領域で活躍していただく臨床医の育成を行っています。

教育内容

講義
3年次 ①意識障害・失神、②けいれん、③髄液検査、④神経生理検査、
    ⑤神経超音波検査
4年次 ①脳血管障害 ②運動ニューロン疾患 ③多発性硬化症 ④認知症
6年次 ①脳血管障害 ②神経変性疾患
 
実習
4年次 神経内科クラークシップ
5年次 神経内科クラークシップ
6年次 神経内科クラークシップ(選択)
 

研究内容

1:脳小血管病症候群の病態解明
2:心原性脳塞栓症の臨床的検討
3:急性脳血管症候群(Acute Cerebrovascular Syndrome)
4:脳虚血基礎実験を用いた病態解析
5:神経免疫疾患のT細胞機能の解明
6:パーキンソン病の運動機能解析
7:神経生理検査を駆使した不随意運動の病態解析
8:認知症に対する神経心理検査を用いた臨床的検討
9:免疫介在性ニューロパチーに対する生検標本を用いた病理的検討
10:ALS/認知症に関する病理学的検討
 

スタッフ紹介

教授・講座主任
北川 一夫
専門領域
脳卒中

准教授
清水 優子
専門領域
神経免疫

准教授
飯嶋 睦
専門領域
パーキンソン病

講師
吉澤 浩志
専門領域
高次脳機能障害
認知症

大学院

近年の脳科学、脳神経画像診断の進歩にともない、脳の分子病態が手に取るようにわかるようになり、また脳の病態を目で見ることのできる時代に突入し、今世紀は脳の世紀と言われています。その脳科学を内科面から臨床現場で実践し、研究に役立てていくのが神経内科学の醍醐味です。高齢化に伴い神経内科診療の対象となる脳卒中、認知症、パーキンソン病等は増加の一 途をたどり、脳神経疾患に対する予防手段の開発、治療手段の確立、再生医 療を応用した機能回復手段の開発など社会的に重要な神経内科学での研究テーマは数多く存在します。
当教室の特徴は、神経内科疾患のほぼ全領域に亘ってエキスパートが在籍し、研究活動を行っていることです。大学院での研究テーマは各個人の希望に沿って、どの領域からでも選んでいただくことができます。神経内科疾患の克服 に取り組みたいと思われる方の大学院での研究活動を心より歓迎いたします。
 

医学部