医学部

解剖学・発生生物学

概要

形態学は、基礎・臨床を問わずほとんど全ての医学領域において、その基盤となる学問の一つです。近年の形態学的イメージ解析技術の急速な進歩とともに、画像診断学領域はもちろん、ますます広範囲の研究分野でその重要性が高まっています。それは、形態学が生命現象の実態を可視化して「かたち」として捕え、研究者自らの目で確実に検証できるからです。
本講座は、その形態学への原点としての役割を果たすべく、『さまざまな生命現象を営む生体構造の多様性、精巧さ、そして美しさを伝えること』を教育のモットーとして、また『研究を自由にとことん楽しむこと』を研究のモットーとして掲げています。どうか、形態学を学びながら生体構造の持つ魅力を自分の目で発見し、感動して下さい。同時に、生命への畏敬の念と“形態と機能は表裏一体である”という基本理念をあらためて学び取っていただきたい。

 

教育内容

実習を重視した体験学習を通して、生体のもつ形態の美しさ、精巧さ、多様性を自分の目で発見し感動するとともに、その形が機能とどう関連するかを学習する。
1年ではS1「細胞の成り立ち」およびS2「組織の成り立ち」において、それぞれ細胞、組織、器官系の発生過程とその成り立ちを講義と実習で学ぶ。生命の最小単位である細胞の基本構造と機能、ならびに器官を構成している基本組織の構造と特性を立体的に理解し、その所見を正しくスケッチとして記録する技能を身につける。2年以降はS3「人体発生・比較発生」、ならびにS4〜S7での各臓器別の微細構造を学ぶ授業を行う。
実習では、形態解析のための種々の研究法にも重点を置き、組織の固定、包埋、染色をはじめ、光学顕微鏡、透過型・走査型電子顕微鏡の観察法、さらに螢光顕微鏡や共焦点レーザー顕微鏡での観察を通じ、細胞・組織を身近な存在として立体的に理解すること目標とする。
      

研究内容

中心テーマとして、「組織内での細胞間相互作用と細胞動態ならびにリンパ管を含む局所微小循環系の果たす役割」を主眼として;
1)微小循環系内皮細胞における機能的部位特異性の解析(江崎教授ほか)
2)腫瘍/創傷組織における組織のリモデリングと微小循環系の役割(森川講師、清水助教ほか)
3)腫瘍血管の新生・再生のメカニズムと臨床応用への挑戦(北原助教ほか)
4)中皮—間葉—内皮間の形質転換(江崎教授ほか)
5)腫瘍モデルにおける細胞転移機構の解析(江崎教授、清水助教ほか)
6)性ホルモンの免疫応答 / リンパ組織に及ぼす影響(江崎教授)
7)カハールの介在細胞の形態学的解析(菊田助教)
8)Foxc2遺伝子欠損マウスにおける器官形成異常の解析(森島助教ほか)
などに関する研究等を行っている。
 

スタッフ紹介

教授・講座主任
江崎 太一
専門領域
組織学

大学院

専攻「形態学系」、分野「解剖学・発生生物学」として開講している。
主な研究可能テーマとその指導者として;
1)リンパ管の形態と機能;江崎教授、森川講師、清水助教
2)組織の再生・修復過程における局所微小循環系の増殖の解析;森川講師
3)微小循環系とその糖鎖の細胞生物学的意義;森川講師
4)形態計測を用いた細胞間相互作用の解析(研究対象は自由);江崎教授
5)微小循環系の発生・新生;森川講師、清水助教
6)臓器特異的腫瘍転移と微小循環系;江崎教授、清水助教
7)消化管系腫瘍における微小循環系;北原助教
8)消化管ペースメーカー(カハールの介在細胞)の形態と機能;菊田助教
9)心大血管を中心とする器官形成分化と脈管新生におけるFoxc2の役割;森島助教

                

医学部