医学部

医学教育学

概要

医学・医療の教育について広く研究および教育開発を行うために、1995年に医学教育学教室、2003年に医学教育学講座が設立された。医学教育のあり方は学問・技術の進歩や社会の変容に応じて変化している。時代に即した最適な教育を行うための、教育の考え方を探り、その方法を開発実施し検証することが講座の役割である。これまで新しいカリキュラムの導入、問題基盤型学習(problem-based learning;PBL)テュートリアル、チーム基盤型学習(team-based learning;TBL)など新しい教育方法の開発、臨床実習の改良などに深く関わってきた。
学部教育では、「医学の学び方・考え方」の授業等を通して、学生が医師となるために「いかに学ぶか」を教え、大学院では「いかに教えるか」を教育している。多くの大学院生・研究生が在籍し、医学だけでなく様々な分野での「教育」をテーマに研究を行っている。学部学生の教育についての理解と熱意は本学の特筆すべき特徴である。毎年大学祭でテュートリアル示演などが行われているが、さらに学生が医学教育についての研究を行い国際学会や英文論文発表を行うこともあり、本講座は学生の教育研究への興味を積極的に支援している。

教育内容

卒前医学教育(講義・実習・ワークショップ)
テュートリアル教育、テュートリアル教育開発、評価、実施、課題作成、
テュータ医学の学び方・考え方(1年、2年、3年)、人間関係教育実習(1年、2年、3年、5年)、
研究プロジェクト(3年)、国際コミュニケーション(4年)、臨床実習(5、6年)、
診療の基礎(4年臨床技能教育)、臨床推論TBL(4年)、TBL開発、評価、実施、課題作成

関連教育委員会
医学教育審議会、教務委員会、セグメント教育委員会、テュートリアル委員会、人間関係教育委員会、
総合試験委員会、統合試験委員会、入学試験委員会、OSCE委員会、国際コミュニケー ション教育委員会、
学生委員会、自己点検・評価審議委員会
 
卒後医学教育
研修医教育、卒後臨床研修センター作業部会
 
大学院教育
大学院後期総合カリキュラム、教育能力の自己開発(マイクロティーチング実習)
 
大学院学生教育
医学教育学専攻カリキュラム
 
教員教育
マイクロティーチング、教職員の講義スキル開発 、テュータ養成プログラム、TBL教員養成プログラム、
セグメントテュータ研修会、臨床実習に関するFD、臨床研修指導医養成プログラム
 

研究内容

1.教育評価
「問題発見解決能力評価法の開発」「臨床推論能力評価法の開発」
PBLテュートリアルで修得される問題発見解決能力の評価法を開発する。さらに臨床推論能力評価法を開発する。
 
2.教育能力
「教育能力開発の研究」
教育能力開発法であるマイクロティーチングを大学院教育および、教員養成のために実施している。
 
3.教育カリキュラム
「アウトカムに基づくカリキュラム開発」
本学では2011年にアウトカム基盤型カリキュラムを導入し、新たな教育実践および教育評価を行っている。
「問題発見解決型教育法の開発」
TBLを用いた臨床推論学習法を開発、実施している。
「臨床実習カリキュラムの開発」
臨床実習へのPBL概念の導入、外来初診患者診察の開始により臨床推論能力を涵養する。
 

スタッフ紹介

教授・講座主任
大久保 由美子
専門領域
PBL
TBL
臨床推論

特任准教授(兼任)
村﨑 かがり
専門領域
臨床実習
地域医療

講師
山内 かづ代
専門領域

大学院

大学院では、教育理論、教育能力開発などの教育を行っている。成人学習理論に基づく医学教育の理論を学び、新しい教育を開発・実践し、その評価を行う。これまでの大学院生、研究生による研究は、中等教育、卒後看護教育、職場での医療安全教育、医学の卒前教育、医師の生涯教育に関するものである。教育の研究を行いながら、臨床あるいは基礎医学を学ぶことが出来るようにカリキュラムを組むことも可能である。
 

医学部