医学部

衛生学公衆衛生学

概要

2018年10月より、衛生学公衆衛生学(一)、衛生学公衆衛生学(二)、医療・病院管理学が統合し、衛生学公衆衛生学講座となりました。環境・産業医学、公衆衛生学、医療・病院管理学の3領域について、教育・研究・社会活動を行っています。
 
環境・産業医学
環境中には様々な物理化学的要因が存在し、我々の健康に影響を及ぼしています。近年、地球温暖化やオゾン層破壊などの地球環境問題に加えて、毒性金属、ダイオキシン類、残留性有機汚染物質、揮発性有機化合物や微小粒子状物質などの日常生活の場でも曝露されうる化学物質による健康影響が問題となっています。また、産業現場では、金属や有機溶剤などの有害化学物質取り扱い業務や作業環境・条件による健康影響も懸念されています。生活および労働環境中に存在する様々な有害要因に起因する疾病や障害の発症を予防し、健康を保持・増進させ、さらに生活の質の向上をはかることを目的として、環境衛生・産業衛生領域の教育、研究と社会活動を行っています。基礎的研究では、毒性金属などの環境ストレスが生体に及ぼす影響について、シグナル伝達系を中心にモデル動物や細胞・分子レベルで解明しています。実践的研究として、職業性疾患の原因の把握とその対策にも取り組んでいます。
 
公衆衛生学
21世紀の医学は、単に病気を治療するのみでなく、生涯にわたって健康を維持・増進するための予防、医療、福祉等の総合的な取り組みが求められています。これらの幅広い領域で活躍できる医師の育成を目指して教育を行っています。研究としては、実際に社会で起こりつつある問題を科学的に解明する疫学的手法を駆使した研究を推進しています。疾患の成因の解明と効果的な予防法の確立、より効果的な診断治療法の評価等の分野で多彩な研究を実施しています。また、これらの科学的成果を実際の予防、臨床に役立てるための情報提供についても実践的研究を展開しています。また、臨床研究支援センターの活動に参加することで、学内外で実施される臨床研究のデザインや統計解析に関する支援を実施しています。
 
医療・病院管理学
iPS細胞やPD-1分子の発見など、日本の医学の進歩は目覚ましいものがあります。一方、「医療」という観点から日本の現状を鑑みると、増大する医療費が国家財政を圧迫しており楽観を許さない状況です。しかし、このような状況下にあっても、叡智を出し合って人々の健康を守るために適切な医療提供体制を築き上げていくことが求められています。我々は、医療安全や経営、医療従事者の勤務環境といった医療機関の実務的課題に加えて、地域医療、医療介護連携、社会保険制度、国家財政等の視角から抽出される政策的課題とも向き合いながら、医療経済や社会保障、医療安全に関する教育・研究を行っています。また、首都圏の7つの私立医科大学病院によるベンチマーク事業に参画し、病院経営や医療の質の向上を推進するための実務活動も行っています。

 

教育内容

卒前教育では、医学部4年(セグメント8)の基幹科目「環境と健康・疾病・障害」「社会制度と保健・医療・福祉」を中心に医学教育モデルコアカリキュラムに沿った衛生学と公衆衛生学の講義・実習を行っています。「環境と健康・疾病・障害」では、将来、医師として生活および労働環境中に存在する様々な有害要因に起因する疾病や障害の発症を予防し、健康を保持・増進させ、さらに生活の質の向上をはかることができることを目標にしています。「社会制度と保健・医療・福祉」では、個人や集団の健康の概念を認識し、健康の保持増進に必要な個人的および社会組織的な取り組みのほか、保健医療に関連する法規や統計情報、行政組織や制度、医療と経済について学び、社会における医療の問題点や対策を考察できることを目標にしています。また、第1学年から第4学年までの縦断科目である「情報処理・統計」の疫学、生物統計、EBMの講義・演習を担当しています。「テュートリアル」「至誠と愛の実践学修」「研究プロジェクト」「自主選択実習」「法学(選択科目)」のほか、他の社会医学系教室と連携して「医学・医療と社会実習」を担当しています。
看護学部では、健康科学論(3年)と疫学(4年)の講義を担当しています。その他、バイオメディカルカリキュラム(環境・産業衛生学、公衆衛生学)、女子医大医師会産業医研修会なども担当しています。
 
医学部担当科目:
人体の成り立ち(セグメント1)、消化器系2(セグメント5)、研究プロジェクト(セグメント6)、加齢と老化(セグメント7)、環境と健康・疾病・障害(セグメント8)、社会制度と保健・医療・福祉(セグメント8)、医学・医療と社会実習(セグメント8)、基本的治療法(セグメント8)、診療の基礎(セグメント8)、自主選択実習(セグメント9)、疫学・予防医学・衛生関連法規(セグメント10領域12)、産業保健・環境保健・食品保健(セグメント10領域12)、社会環境と保健医療(セグメント10領域12)、「至誠と愛」の実践学修(セグメント1、2、5、6、8)、情報処理・統計(セグメント4、5、6、7)、テュートリアル(セグメント1、3)、法学A・法学B(選択科目)など

 

研究内容

環境・産業医学
基礎研究では、環境要因、特に金属、神経毒性物質や微小粒子状物質、の生体影響について分子・細胞レベルで解明することにより、環境ストレスに対する応答や適応機構を明らかにすることを目指しています。特に、細胞内オルガネラである小胞体を介した分子シャペロンなどストレス応答遺伝子の発現変動や「細胞生存と死」の決定に関わるシグナル伝達系活性化の毒性学的意義について、分子生物学的アプローチによる研究を進めています。また、ゼブラフィッシュや線虫をモデル動物とした環境ストレス応答研究にも着手しています。実践研究として、職業性疾患の原因の把握と対策にも取り組み、その成果を社会に還元することを目標に活動しています。
 
公衆衛生学
疫学に関する研究では、総務省の受託研究として「携帯電話と脳腫瘍リスクに関する研究」、「中間周波電磁界の健康影響」、「医療被曝」など電磁波、放射線の健康影響に関する国際共同研究をWHOと共同して行っています。ばく露の妥当性評価のため、「弱い発がん要因のリスク評価、リスク管理の方法に関する研究」にも力を入れています。また、EBMに関する研究として、「診療ガイドライン等、医学・医療情報のインターネット上への公開に関する研究」を国際機関と共同して継続しており、学内外の多くの診療ガイドラインの作成支援を行っています。
 
医療・病院管理学
病院経営に関する研究、医療安全に関する研究、医療倫理に関する研究、医療従事者の労働に関する研究、医事法、医療政策に関する研究を行っています。
 

スタッフ紹介

教授・講座主任
松岡 雅人
専門領域
環境医学
産業医学
分子毒性学

准教授
加藤 多津子
専門領域
医療・病院管理学

准教授
小島原 典子
専門領域
疫学・公衆衛生学

講師
蒋池 勇太
専門領域
環境毒性学
発生毒性学

講師
佐藤 康仁
専門領域
疫学・公衆衛生学

講師
中島 範宏
専門領域
医療・病院管理学

講師
廣田 恵子
専門領域
環境応答医学
分子遺伝学

大学院

大学院医学研究科社会医学系専攻環境・産業医学分野のご案内
 
担当科目など:産業医学・保健、環境医学・毒性学、分子・細胞毒性学、実験・実習(課題研究)、社会医学系専攻実習

大学院医学研究科社会医学系専攻公衆衛生学分野のご案内

担当科目など:疫学・医学統計学、臨床疫学・EBM、疫学・臨床疫学集中討論、実験・実習(課題研究)、社会医学系専攻実習
 

初期総合カリキュラム(環境・産業医学総論、臨床試験総論、EBM総論、社会保障・医療経済、病院管理)
 

医学部