大学院・研究施設

整形外科学分野

概要

手足、体幹に痛みや機能障害をもたらす骨、関節、筋肉、神経などの運動器疾患を整形外科では対象とします。これらの疾患は高齢化に伴い増加し、QOLの低下を招きます。現在の国民の有訴率をみると上位より1.腰痛、2.肩こり、3.手足の関節痛と運動器疾患が占めており、65歳以上の高齢者ではさらにこれらの有訴者数が増えております。臨床では、脊椎疾患、骨粗鬆症、各種の骨代謝疾患、変形性関節症、リウマチ、外傷などによる骨関節疾患を数多く治療していますので、これらの疾患に関連した研究を行います。

研究可能テーマ

(1)腰椎部椎間孔外病変に対する術中神経根刺激によるモニタリング
(2)細胞シートを用いた軟骨再生
(3)膝前十字靭帯断裂モデルの作成と各種人工靭帯の適用
(4)代謝性骨疾患への骨組織形態計測自動化システムの応用

スタッフ紹介

教授・講座主任 岡崎賢
講師 和田啓義
講師 和田圭司(島根大 医博 脊椎担当)
准講師 森田裕司(富山大 医博 股関節担当)
助教 大鶴任彦(杏林大 医博 股関節担当)
助教 萩原洋子(東京女子医大 腫瘍担当)
助教 安井謙二(日本医大 肩関節担当)
助教 岩倉菜穂子(富山大 手の外科担当)
助教 伊藤匡史(金沢大 膝関節担当)
助教 玉木亮(杏林大 脊椎担当)
助教 油井充(日本大 脊椎担当)
助教 前田和博(日本大 肩関節担当)
助教 吉本伸之(奈良医大 膝関節担当)

医学研究科