大学院・研究施設

血液内科学分野

概要

白血病などの血液疾患は一昔前は不治の病と言われていましたが、最近は化学療法や造血幹細胞移植療法などの目覚ましい発展によって根治可能な疾患となってきました。血液内科医は白血病などの診断から化学療法そして根治を目的とした造血幹細胞移植に至るまで責任を持って診療しなければなりません。苦労が少なからぬ診療の中で内科的治療によって白血病を治すことができるという成果は、血液内科医にとってまさに「やりがい」です。また血液疾患は血液細胞などが比較的入手しやすくトランスレーショナルリサーチにも向いた領域であり「From the bench to the bed side」を実践することができます。日常診療のなかで浮かび上がってくる疑問・問題点を臨床研究・基礎研究を通じて解決し、その成果を臨床の現場に還元して行くことこそが私たち血液内科医の責務であるとともに喜びでもあります。
一人でも多くの難治性血液疾患患者さんの治癒を目指した化学療法や移植療法さらには新しい細胞療法・分子標的療法を発展させるため、情熱にあふれた皆さんの当教室への参加をお待ちしています。

研究可能テーマ

1. 造血細胞移植におけるNK細胞の役割
2. 造血細胞移植における免疫応答解析
3. 造血器腫瘍の治療と免疫応答
4. 新しい細胞療法の開発研究
5. 造血器悪性腫瘍における遺伝子異常の臨床的意義の解明
6. 骨髄異形成症候群の分子病態の解明
7. 骨髄増殖性腫瘍の病態解明
8. 悪性リンパ腫の予後予測因子の探索

スタッフ紹介

教授・講座主任 田中 淳司
准教授(兼任) 森  直樹 
准教授     志関 雅幸 
講師      吉永 健太郎
講師      萩原 將太郎 
准講師     風間  啓至
准講師     篠原  明仁 

医学研究科