大学院・研究施設

消化器内科学分野

概要

消化器内科学は消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)および肝臓、胆嚢、膵臓など多くの臓器を対象としています。その疾患も炎症から腫瘍まで多彩で、特に胃癌、大腸癌、肝臓癌の罹患率は高く、膵臓癌は早期発見が困難であり、いずれも我が国の死亡原因の上位を占める疾患です。これらの疾患の病態解明、早期診断、治療法の確立が当教室の使命であり、多くの研究課題があります。大学院では基礎から臨床まで幅広く研究が可能です。基礎的実験的研究は当教室のみならず、学内外の教室、施設と連携し行っており、その業績は高く評価されています。当科の患者数、検査数や治療症例数は我が国有数であり、様々な疾患に対する臨床研究が行われ、その成果は臨床の現場に貢献しています。また、癌の早期診断には形態学、画像診断技術の進歩が不可欠であり、その開発について理工系と連携し研究することが可能です。消化器病学を志す若い力を求めています。

研究可能テーマ

1)胃・食道静脈瘤の血流動態と治療
2)肝炎ウイルスの治療
3)肝移植の長期予後改善
4)NASHからの発癌メカニズムの解析
5)肝疾患の遺伝的バックグランドの解析
6)自己免疫性膵炎の基礎的、臨床的研究
7)膵腫瘍の早期発見に向けた取り組み
8)腸上皮の再生

 

スタッフ紹介

教授 徳重克年、橋本悦子、中村真一(消化器内視鏡科) 
臨床教授 清水京子
准教授 谷合麻紀子、鳥居信之
講師 岸野真衣子(消化器内視鏡科)
准講師 小木曽智美、高山敬子

医学研究科