大学院・研究施設

衛生学公衆衛生学(二)分野

概要

衛生学公衆衛生学第二講座は、吉岡博人教授が創始した衛生学の流れを汲み、社会全体の健康問題を扱う公衆衛生学の領域を中心に教育・研究を担当してきました。平成14年から山口直人が教室を主宰しています。
21世紀の医学は、単に病気を治療するのみでなく、生涯にわたって健康を維持・増進するための予防、医療、福祉等の総合的な取り組みが求められています。本教室では、これらの幅広い領域で活躍できる医師の育成を目指して教育を行っており、環境と健康、疾病、障害に関する分野の教育を担当しています。
本教室で行っている研究としては、実際に社会で起こりつつある問題を科学的に解明する疫学的手法を駆使した研究を推進しています。疾患の成因の解明と効果的な予防法の確立、より効果的な診断治療法の評価等の分野で多彩な研究を実施しています。また、これらの科学的成果を実際の予防、臨床に役立てるための情報提供についても実践的研究を展開しています。

研究可能テーマ

(1) 都市生活環境と健康に関する疫学研究とリスク評価
都市生活の急速な変化に伴って従来は存在しなかった環境要因の安全性が問題になることが多くなった。当教室では国内外の諸機関との共同研究として、電磁界曝露と小児がんの症例対照研究、携帯電話利用と脳腫瘍に関する症例対照研究等を実施しており、それらの疫学研究に実際に参加して、計画策定、調査実施と情報収集、解析の各段階で研究を行う。また、世界中で報告された関連する医学文献を系統的に収集し、その質的評価、メタ分析、プール分析等による量的評価等を通じて安全性に関するリスク評価を行う。これらの活動を通じて、疫学研究を企画、実施する能力を身につけ、さらに科学的根拠に基づくリスク評価の能力も身につけることが可能である。 
 
(2) 行動科学および社会科学を応用した疫学研究
行動科学を応用した疫学研究(行動疫学)は人の健康行動を科学的に追及することでその法則性を明らかにするものである。社会科学を応用した疫学研究(社会疫学)は、健康を規定する社会的な因子について明らかにするものである。当教室では、運動の意識や行動の変容に関する研究や、禁煙の意識および行動に関する研究を実施してきた。このプログラムでは、テーマを決め、調査を計画・実施したのち、さまざまな統計モデルを用いることで、行動や社会が 健康に与える影響について分析・検討を行う。
 
(3) 臨床における診断・治療方法の疫学的評価に関する研究
当教室では臨床医学の教室との共同研究として、診断治療方法の疫学的評価に関する研究を実施している。このプログラムでは臨床系の大学院生を一定期間 受け入れ、実際の臨床上の問題を研究テーマとして、研究計画の策定から研究の実施、統計解析まで実務的トレーニングが可能である。科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス」

スタッフ紹介

 
教授・講座主任:山口 直人
教授(兼任):岡本 高宏
准教授:小島原 典子
非常勤講師:江口 成美
非常勤講師:藤川 眞理子
講師:佐藤 康仁
助教:遠藤 源樹
助教:清原 康介
 

医学研究科