大学院・研究施設

消化器外科学分野

概要

東京女子医科大学消化器病センターは昭和40年に中山恒明名誉教授を初代所長として設立されて以来、我が国の消化器外科及び消化器内科診療の牽引してまいりました。消化器外科全般に渡り手術手技及び検査手技を幅広く身につけるための後期研修制度がありますが、大学院においては専門的分野の探求と先端医療研究に重点を置いております。肝移植、再生医療、細胞治療、遺伝子治療などの高度先端医療研究、高周波組織凝固などの先端医療技術の習得、免疫・代謝状態の解析や分子遺伝子学的解析による個人ごとに最適な総合治療戦略の組み立てなどが行なわれております。21世紀の消化器外科を担う、熱意溢れる若き外科医の参加を期待します。

研究可能テーマ

1. 免疫細胞再生治療の臨床導入と展開 (江川教授、小寺講師)

2. 術中MRI併用手術システムの構築 (大木講師)

3. 胆道癌バイオマーカーの開発 (山本教授、樋口講師)

4. 粘液産生性膵胆道腫瘍の臨床病理学的研究 (古川教授、樋口講師)

5. 消化器外科手術におけるロボット手術の導入(山本教授、板橋教授、大木講師)

6. 先端画像システムの外科手術、IVRへの応用 (山本教授、有泉准教授)

スタッフ紹介

教授・講座主任:山本雅一  
教授:江川裕人
教授:板橋道朗
客員教授:大杉治司
准教授:瀬下明良
准教授:有泉俊一
講師:井上雄志
講師:大木岳志
講師:小寺由人
講師:小川真平
講師:樋口亮太
講師:成宮孝祐

医学研究科