大学院・研究施設

放射線腫瘍学分野

概要

放射線腫瘍学は、放射線を使ってがんを治療する学問です。1895年にレントゲン博士が放射線を発見した翌年には、放射線を使って病気を治す試みが始まっていますので120年の歴史があります。日本人の死因の一位はがんであり、その克服にはまだ時間がかかると予想されています。がん治療の3本の柱は外科的切除、薬物療法と放射線療法で、WHOのWorld Cancer Reportには、放射線治療は世界のがん患者の半数以上が受けている治療法と書かれています。高齢化社会の到来と共に、毎年新たに約100万人ががんと診断され、国民の半数以上ががんに罹患する時代となっています。放射線治療の特徴は、侵襲性が低く患者の負担が少ないこと、手術困難な病変の治療が出来ること、機能温存率が高いこと、治療後の生活の質 (Quality Of Life)が高いことなどです。そのため、超高齢社会の進行と共にその役割は益々高まって行くと考えられます。
近年の技術開発により、放射線を腫瘍に集中させる照射が可能となり、放射線治療は高精度化へ向かっています。強度変調放射線治療 (IMRT: Intensity Modulated Radiation Therapy)、定位放射線治療(STI: Stereotactic irradiation)、画像誘導放射線治療(IGRT: Image Guided Radiation Therapy)や大型の加速器及び照射装置を用いる陽子線治療、炭素イオン線治療などの粒子線治療が行われるようになっています。早期肺癌に対するSTI、科学技術の粋を生かした粒子線治療では日本が世界をリードしていますが、IMRTの臨床応用等欧米の後塵を拝している部分もあります。いずれにせよ、これらの高精度な放射線治療法の技術進歩はいまだ発展途上の段階にあり、さらなる進歩が切望されています
最良の医療を提供することは本学の建学の精神です。放射線腫瘍学講座の前身である放射線医学講座は、歴代5人の主任教授のうち3人が放射線腫瘍学を専門とし、第2代の主任教授であった田崎瑛生先生は日本放射線腫瘍学会の初代会長を務められ第1回学術大会は1989年に本学弥生記念講堂で行われたなど、放射線腫瘍学領域での長い歴史と輝かしい伝統を有しています。当分野では、がん放射線療法の発展に貢献する優れた研究者、臨床家、教育者の育成を目指しています。放射線腫瘍学の研究開発には、関連分野である医学物理学、放射線生物学との連携が重要であり、当分野には医学物理学、放射線生物学を専門とする教員が在席し、医師のみならず理工系・放射線技術系出身の院生も広く受入れて、幅広い臨床研究と研究開発を行っています。

研究可能テーマ

1、放射線腫瘍学分野
寡分割照射法の有用性に関する研究
難治性腫瘍に対する集学的治療法の開発
高エネルギーX線による高精度放射線治療の臨床的有用性の検討
前立腺癌に対する強度変調放射線治療の最適化に関する研究
脳腫瘍に対する強度変調放射線治療の最適化に関する研究
早期肺癌に対する定位照射の最適化に関する研究
前立腺癌に対する小線源治療の最適化関する研究
乳癌に対する最適な術後照射法の検討
温存乳房照射の最適化に関する研究
再建乳房に対する放射線療法の安全性に関する研究
早期乳癌に対する重粒子線治療に関する研究

2、医学物理学分野
超小型陽子線治療装置の開発に関する研究
高精度放射線治療の最適化に関する研究
強度変調放射線治療の至適な治療計画方確立に関する研究
物理工学的アプローチからの正常組織反応の軽減に関する研究
放射線皮膚炎症の予測に関する研究

3、放射線生物学分野
乳癌の重粒子線放射線感受性の薬物による修飾に関する研究
X線および重粒子線の放射線感受性に関わる因子の検討と分子標的の探索
遅発性放射線有害事象の発症メカニズムについての基礎的検討と治療法の開発

 

スタッフ紹介

・教授・講座主任: 唐澤 久美子
・教授: 西尾 禎治
・客員教授: 秋元 哲夫
・講師・医局長: 橋本 弥一郎
・准講師: 泉 佐知子
・助教: 寅松 千枝
・助教: 松原 礼明
・助教: 河野 佐和
・特任助教: 恒田 雅人​
・非常勤講師: 小藤 昌志
・非常勤講師: 藤田 真由美



(上段左から松原、寅松、石井、恒田)
(下段左から泉、橋本、唐澤、西尾、河野)

医学物理関連分野の設置

革新的高精度放射線治療の実現には、放射線物理学を医学へ展開した研究開発、即ち医学物理学の研究開発が必要不可欠です。ところがわが国は今まで医学物理分野の研究者が少なく放射線治療装置開発で欧米の後塵を拝していました。また、高度でかつ安心な放射線治療のためには医学物理士の臨床現場への関与が不可欠です。そこで、平成27年度より文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プランの支援を得て、大学院医学物理コースを開講しました。さらに、平成27年6月の研究科委員会において専任の教授を配置できる大学院関連分野医学物理の設置が承認されました。これにより、医学物理学分野において、我々がこれまでに実施してきた研究開発と人材教育を加速させ、東京女子医科大学が医学物理学研究の中核拠点となり、その研究成果を国内及び世界へ展開できると考えています。
現在、早稲田大学、放射線医学総合研究所との連携による超小型陽子線治療装置の開発プロジェクトを開始しており、陽子線治療が低価格化と小型化でエックス線治療に置き換わり、世界中の患者さんが恩恵を受けられるような開発を目指しています。

医学研究科