大学院・研究施設

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学受入方針)

医学研究科博士課程では基礎医学・社会医学・臨床医学・先端生命医科学あるいはそれらを関連づけた研究に専念し、医学領域の研究・診療・教育・行政における指導者を育成します。

入学に際しては、男女、年齢、国籍を問わず、以下のような人材を求めます。

医学研究科が求める入学者像

  1. 自立して研究に取り組む姿勢と独創性を有する人
  2. 専門分野において強い研究心、モチベーションをもち続けられる人
  3. 幅広い視野と英語力を含む高いコミュニケーション能力を備える人
  4. 豊かな人間性と高い倫理観をもって、医学の研究・教育の進歩に貢献する意欲を有する人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

医学研究科博士課程には、本学独自で開講する4年制の6つの専攻(形態学系、機能学系、社会医学系、先端生命医科学系、内科系、外科系)と、早稲田大学との連携で開講する3年制の共同先端生命医科学の7つの専攻があります。 4年制の各専攻課程では、希望する研究領域として主分野を1つ選択し、その指導教授の指導と助言の下で4年間の研究を行います。その間、科学的視野をさらに広げ、主分野を補うための選択分野と大学院共通カリキュラムなどを履修します。また、第3学年後半には学位論文のための研究に関して公開で中間発表を行い、指導教員とその他の教職員から研究内容に関して中間評価と助言を受ける機会があります。  3年制の共同先端生命医科学においては、自然科学の基礎と人間科学を含む人文社会科学の融合領域である医療レギュラトリーサイエンスの学問体系を3年間で確立するとともに、それに立脚して、「先端医療機器研究部門」と「創薬・再生医療研究部門」において、必修科目、演習科目、さらに専門科目について東京女子医科大学側と早稲田大学側の複数の研究指導者からの研究指導を受けます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

4年制の医学研究科博士課程においては、所定の単位を修得し、さらに学位論文の審査と以下の項目の基準を満たすと認められる者には博士(医学)Ph.D.の学位が授与されます。特に優れた研究業績を挙げた者には特例として3年間で学位授与される場合があります。

3年制の共同先端生命医科学においては、所定の医療レギュラトリーサイエンスに関連する研究成果を挙げ、学位論文の審査と以下の基準を満たすと認められる者には博士(生命医科学)の学位が授与されます。

  1. 優れた研究成果とともに、それに伴う幅広い知識と高い技能、ならびにその応用能力を有すること
  2. 先進的・独創的研究を指導できる能力と研究哲学を有すること
  3. 広範な視野と豊かなコミュニケーション能力を有し、国際的な活躍が期待できること
  4. 豊かな人間性と高い倫理観をもって、医学教育・研究の発展に寄与する能力を有すること

医学研究科