大学院・研究施設

産婦人科学分野

概要

産科婦人科学教室における研究テーマは産科・婦人科腫瘍・女性医学(婦人科良性腫瘍から更年期・思春期医療)、生殖内分泌(不妊など)など多岐に及んでいます。現在当教室では臨床に根ざした研究を主として実践しています。領域としては産科合併症妊娠(糖尿病・心疾患・腎疾患)や早産に関する研究、婦人科癌(卵巣がん・子宮頸癌・体癌・絨毛性疾患)の管理や治療方法に関する研究、更年期障害に対する漢方療法などの研究を行っています。また遺伝子医療センターとの共同でNIPTや遺伝子発癌の研究、再生医学分野との共同で子宮内膜の再生、卵巣がんの抗腫瘍免疫などの研究も行っています。

研究可能テーマ

① 常位胎盤早期剥離の出生前診断に向けた胎盤組織のマイクロアレイ・SNP解析の応用
② 子宮内膜液状化検体細胞診による子宮体がん検診の実用化に向けた基礎研究
③ 子宮および卵巣由来細胞による細胞シートを用いた新規治療法の開発
④ タキサン系抗悪性腫瘍剤の適切な容量設定のための薬理遺伝学的研究
⑤ 絨毛性疾患の病態、予後、治療への反応などに影響を与える遺伝子の同定

スタッフ紹介

教授・講座主任  松井英雄
教授       熊切 順
教授(兼)    小川正樹
准教授      橋本和法
准教授      中林 章
准講師      秋澤叔香
助教       金野 潤
助教       高橋伸子
助教       蔵本吾郎

医学研究科