医学部

肝胆膵外科学

概要

昭和40年の設立当初より診療科の壁を越えた総合的、先端的医療が実践されています。その中心理念は“患者さんを中心とした医療”であり、心温かな良い臨床医を育てることを目標にしています。消化器病全般に亘る研究、教育、診療を消化器内科、内視鏡、放射線、病理などの部門と協調して行っており、病院内に於いては消化器病センター内の外科部門として位置づけられています。講座としての研究は臨床研究が主体であり、特にすべての消化器系癌腫の診断、治療を中心テーマとしています。平成18年より山本雅一主任教授のもと、外科技術はもとより外科病理を含めた臨床診断技術、治療に関しては化学療法、免疫療法、その他補助療法の知識技術を備え全人的な患者中心の医療が担当できる医師を養成しています。他の病院では治療できないような病態あるいは合併症を持っている患者さんにも真摯に診療に取り組んでおります。
 

教育内容

教育は創立者である中山恒明先生の理念のもと、優れた臨床医の育成を目指した卒後研修として医療練士制度を骨格とした卒後臨床研修が中心となり、多くの同門生を輩出しています。昭和40年の設立当初より診療科の壁を越えた総合的、先端的医療が実践されています。その中心理念は“患者さんを中心とした医療”であり、心温かな良い臨床医を育てることを目標にしています。5年間のプログラムを完遂することで、どのような消化器病疾患にも対応可能である医療人を育成いたします。初期2年間は上部・下部消化管・肝・胆・膵グループをローテーションします。同時に内視鏡検査・超音波検査・レントゲン検査、病理の基本を学び診断から治療まで総括的な研修を行います。消化器外科医でありながら内視鏡専門医の習得も可能です。3年目からは2年間研修協力病院にて初期2年間で学んだことの実践、あわせて手術手技の研鑽を積みます。また外科専門医試験受験のための症例の集積(循環器外科、甲状腺、肺、小児外科を含む)、筆記試験受験をこの期間に修了させます。最後の1年間は大学へ帰局し、サブスペシャリティとしての研究班にフィックスし、より高い専門性を持った研修を行います。また内視鏡や超音波、IVRなどは診断のみならず、ESDやENBD・RFA・TACEなど治療の実践を目的とした研修を行います。そして専門分野の指導教官より各自テーマが与えられ、医学博士修得のための論文作成にとりかかります。研修修了後は、大学病院にてさらなる研鑽をつむことや、後輩の指導をすべく研修協力病院にて、実地臨床に励む事や、国内外の留学など様々なオプションがあります。また消化器外科専門医・消化器病専門医・消化器内視鏡専門医はじめ様々な専門医取得は可能です。
 

研究内容

研究は臨床研究が主体であり、特に癌腫の診断、治療を中心テーマとしている。
また再生医療グループでは、本学先端生命医科学研究所と共同で消化器領域における再生医療の研究を進めています。早期食道癌の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)後の食道狭窄に対し、患者様の自己口腔粘膜組織から作製した細胞シートをESD後の潰瘍面に移植することで、食道を再生させ、食道狭窄を抑制するという新たな治療法を世界に先駆けて開発しました。
 

スタッフ紹介

教授
本田 五郎
専門領域
肝胆膵外科
腹腔鏡外科

特任教授
江川 裕人
専門領域
肝移植

准教授
有泉 俊一
専門領域
肝胆膵外科

准教授
小寺 由人
専門領域
肝胆膵外科
肝移植

講師
樋口 亮太
専門領域
肝胆膵外科

大学院

後期研修期間中に大学院への進学が可能である大学院コースがあります。こちらは、臨床研修をしながら、外科医がメスをおかずに研究ができ、学位(乙類)が修得できるコースです。
 

医学部