医学部

病理学(病態神経科学分野)

概要

病理学(病態神経科学分野)は、臨床医学ならびに人体病理(外科病理・病理解剖)を通して浮かび上がる問題を解決するため、人体材料、実験動物ならびに培養細胞を用いた実験を駆使して、病態解明と治療戦略に繋がる分子細胞病理学的情報を得るという大きな目標に向かって活動している。このため、M.D.スタッフは全員が病理診断科と兼務しており、外科病理と病理解剖に根差したものの考え方を絶えず養い続けている。つまり、当教室が手掛ける実験病理とは、医療現場にフィードバックすることを意識したトランスレーショナルリサーチおよびこれに繋がる基礎研究に位置づけられる。

教育内容

►S2:細胞周期の制御と異常、ニューロンとグリアの相互作用
►S3:病因と病態
►S5:学会発表のやり方 
►S6:ニューロンとグリアの細胞病理学、神経変性疾患の病理、神経系感染症の病理、
       中枢神経奇形の病理、脳血管障害の病理、脳腫瘍病理各論、運動器の病理、
       視覚器の病理、耳鼻咽喉科領域の病理、研究プロジェクト(学会発表体験)
►S8:学生CPC
►S9:自主選択実習(クリニカルクラークシップ)(学会発表体験)
 

研究内容

►柴田亮行(教授・基幹分野長):筋萎縮性側索硬化症におけるグルタミン酸毒性メカニズムとTDP-43リン酸化凝集現象との分子病理連関を、人体材料、実験動物および培養細胞を用いて解析している。
►山本智子(准教授):福山型先天性筋ジストロフィー責任遺伝子Fukutinの産物が有するニューロンとアストロサイトの分化抑制作用を、人体材料、実験動物および培養細胞を用いて解析している。
►増井憲太(准教授):悪性脳腫瘍 (膠芽腫) で高頻度に観察されるEGFR-mTOR異常をモデルとして、分子生物学的手法および包括的OMICS解析を用いて、癌における代謝活性化の意義を探索している。
►加藤陽一郎(准講師):癌の増殖と進展に関与するオステオポンチンの作用機序を、人体材料(甲状腺癌・乳癌)と培養細胞を用いて解析している。
►新井田素子(非常勤講師):成体脳神経細胞新生メカニズムを、Smad4コンディショナルノックアウトマウスならびに初代培養系を用いて解析している。

 

スタッフ紹介

准教授
増井 憲太
専門領域
脳腫瘍の分子病理学
神経病理学
実験病理学

准教授
山本智子 (兼任)(病理診断科)
専門領域
病理診断学分野
神経筋疾患
腫瘍病理学

大学院

►神経変性疾患の病理学  ►筋萎縮性側索硬化症の分子病態
►脳梗塞急性期の分子病態  ►頸動脈アテローム硬化症の分子病態
►脳腫瘍の外科病理  ►Fukutin遺伝子産物の生理活性
►成体脳のニューロジェネシス  ►甲状腺癌の分子病態
 

医学部