医学部

内分泌内科学

概要

内分泌内科学は、ホルモンを作る内分泌臓器の障害により、ホルモン分泌の異常が起こった状態か、そのホルモンが作用する標的臓器の異常により、ホルモン作用の異常が起こった疾患を対象としています。主な疾患としては先端巨大症、クッシング病、プロラクチノーマ、下垂体機能低下症、尿崩症などの間脳下垂体疾患、バセドウ病、橋本病、甲状腺癌などの甲状腺疾患、原発性副甲状腺機能亢進症、骨粗鬆症などの副甲状腺・カルシウム代謝疾患、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎癌、先天性副腎過形成などの副腎疾患、ターナー症候群などの性腺疾患、多発性内分泌腫瘍症などの遺伝疾患があります。これらの疾患に対して日本内分泌学会の診療ガイドライン作成に関わった、また厚生労働省の間脳下垂体機能障害に関する調査研究班、副腎ホルモンに関する調査研究班の班員である経験豊富なスタッフが診療、教育、研究を行っており、どのような内分泌疾患に対しても現在考えられる最善の診療を行うことを第一に考え、そのための症例分析、臨床研究、基礎研究を行うことのできるPhysician Scientistを育成することを教育方針としています。

教育内容

初期研修終了し、内分泌内科学分野に入局後は、東京女子医科大学病院及びその関連施設において新しい内科専門医制度に準じた研修を行うと共に、糖尿病・代謝内科学分野と協力してサブスペシャル領域「内分泌代謝・糖尿病内科領域」の連動研修を行い、内科基本領域専門医取得だけでなく、「内分泌代謝・糖尿病内科領域」の専門医を最短の期間で取得できるようにします。また専門医取得後または卒後6年目には、できる限り東京女子医科大学病院内分泌内科学に戻ってもらい、内分泌内科医としての専門研修を行うと共に、症例分析、臨床研究、基礎研究を行う機会を提供し、Physician Scientistとしての基礎を身につけてもらうようにします。

研究内容

1. 続発性副腎皮質機能低下症患者における至適グルココルチコイド補充量決定のための臨床指標の解明
2. 続発性副腎皮質機能低下状態でのシックデイ時のGC補充による脂肪細胞GRを介したアディポネクチン産生の意義解明
3. クッシング症候群における内分泌異常の制御メカニズム解明とその臨床的意義
4. 原発性アルドステロン症、クッシング症候群診断の新たな指標の開発
5. 日本における成人21水酸化酵素欠損症患者の実態調査(厚労省副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班研究)

スタッフ紹介

教授・基幹分野長
大月 道夫
専門領域
内分泌疾患全般(特に視床下部・下垂体疾患、カルシウム代謝異常、副腎疾患、性腺疾患)

医学部