医学部

衛生学公衆衛生学(公衆衛生学分野)

概要

衛生学公衆衛生学講座は、本学創設者の吉岡彌生先生のご子息である吉岡博人先生が1934年に創始し、以来社会全体の健康問題を広く対象とした研究・教育を担っています。公衆衛生学という言葉は耳慣れない方も多いかもしれませんが、公衆衛生学とは、公衆(すべての人々)の生を衛る(健康を確保し増進させる)ための学問です。人々の病気やけがを事前に防ぐこと、また基礎医学や臨床医学での知見や技術を広く社会につなげることがこの分野の重要な役割であり、社会医学と称される所以です。日本国憲法第25条では、国が公衆衛生の向上に努めること、医師法第1条では、医師は公衆衛生の向上及び増進に寄与することと記載されています。この学問による研究成果は、保健所や保健センターでの地域保健、母子保健、精神保健、高齢者保健の他、学校保健、産業保健、環境保健、国際保健などの取り組みとして実践されています。公衆衛生学ではこのように幅広い領域に関する研究を、主に疫学的な(集団を対象に、健康に関連する様々な事象の頻度や分布およびその要因を明らかにする)手法を用いて実施しています。当分野では、これらの幅広い領域で活躍できる医師の育成を目指して教育を行っており、主に医学統計学、臨床疫学やEBMの教育を担当しています。また、本学設立の趣意である「女性の社会的な地位の向上」に資するため、女性の健康や就労女性に関する研究、医療機関の勤務環境改善に関する研究も行っています。

教育内容

卒前教育では、医学部の第1学年から第4学年までの縦断科目である「AI・データサイエンスと医療」において、生物統計、疫学、EBMの講義・演習を担当しています。
そのほか医学部4年(セグメント8)の基幹科目「環境と健康・疾病・障害」「社会制度と保健・医療・福祉」など医学教育モデルコアカリキュラムに沿った衛生学と公衆衛生学の講義・実習を行っています。
AI・データサイエンスと医療」では、医療に関わる各種情報を効果的に活用するために、ICT (Information and Communication Technology)の利用を中心にした情報の収集・整理・統合・分析・選択・検索・発信・提示の実際を学修します。まず、統計学の基礎を学修し、統計データを適確に処理できること、また得られた結果を正確に解釈できるために必要な知識の習得を目標とします。その後、疫学の概念と方法を理解し、これを集団に応用するための基礎的な能力を身につけることを目標とします。さらに臨床実習におけるEBMの実践力を養います。
「社会制度と保健・医療・福祉」では、個人や集団の健康の概念を認識し、健康の保持増進に必要な個人的および社会組織的な取り組みのほか、保健医療に関連する法規や統計情報、行政組織や制度、医療と経済について学び、社会における医療の問題点や対策を考察できることを目指します。
また、「テュートリアル」「至誠と愛の実践学修」「研究プロジェクト」「自主選択実習」「臨床基礎実習」にも携わっています。
看護学部では、公衆衛生学(3年)、健康科学論
(2年)と疫学(4年)の講義を担当しています。

研究内容

2016年の医療法の改正で医療機関の勤務環境改善が規定され、その後の医師の働き方改革の一環として、2024年には医師にも時間外労働の上限規制が適用されることになりました。そこで当分野では、単なる勤務時間の削減ではなく、プロフェッショナルである医師自身が適正な勤務時間の中で、自分や自分たちがどのように働きたいのかを明確にし、それを実現させるための勤務改善の方法について研究を行っています。
また、ジェンダーギャップの大きいわが国において、就労している女性の健康やキャリア形成に関する課題を解決することが求められています。特に本学は女性医療人を育成し、女性の社会的地位の向上を目指していることから、当教室でも女性の健康やキャリア形成に関する研究を行っています。

スタッフ紹介

教授・基幹分野長
野原 理子
専門領域
公衆衛生学
産業医学
女性の健康学

教授(兼務)
岡本 高宏
専門領域

大学院

大学院医学研究科社会医学系専攻公衆衛生学分野のご案内

担当科目など:疫学・医学統計学、臨床疫学・EBM、疫学・臨床疫学集中討論、実験・実習(課題研究)、社会医学系専攻実習

医学部