診療科からのメッセージ

整形外科

(1)各専門分野に全国トップクラスのDr.が揃い、若い医師を教育・指導しています

脊椎・脊髄グループの伊藤名誉教授は、頚髄症に対する椎弓形成術を考案し、日本全国に広めました。加藤主任教授が専門の透析脊椎症の手術件数は、全国一を誇ります。足の外科グループの野口講師は、足の外科学会幹事も兼任されており、足疾患のスペシャリストです。膝関節グループの土屋講師は、通算3,000例以上の関節鏡視下手術を執刀しており、JリーグのチームDr.も兼任しています。肩・肘関節グループの菅谷講師は、年間400例以上の関節鏡視下手術を行っています。その他、手外科・股関節疾患などを含めて、全国クラスのDr.の指導を受けることができます。

(2)後期研修医のための独自のカリキュラムを作成しています

最短期間(入局後たった4年)で専門医試験の受験資格を取得できます。専門医になるためには、特殊症例(小児疾患や腫瘍疾患)を主治医として経験しなくてはならないことは知っていますか?当科では、千葉こども病院や国立がんセンターで後期研修医が一定期間研修することで、簡便に特殊症例を経験できるカリキュラムを導入し、大変好評を得ています。

(3)医局員の出身校に偏りがありません。派閥がなく分けへだてのない教室です

主任教授は千葉大、准教授は富山大・千葉大、講師は東北大、筑波大、島根医大卒業なことからも、アットホームな教室を想像していただけると思います。

(4)関連病院は都内、関東近郊に集中しています

結婚など考えている先生が、入局後に突然遠距離恋愛に・・・なんていうこともありません。

(5)スポーツ愛好者が多く、入局後も様々な部活動に参加できます。

野球、サッカー、自転車、スキー、スノボー部があります。練習や大会への出場など、積極的な部活動が行われています。

(6)女性医師のための妊娠、出産、育児に対するバックアップは全く問題ありません

女性医師の多い医局よりは、断然休みやすいです。

  • 整形外科学教室01
  • 整形外科学教室02

このページの先頭へ戻る