診療科からのメッセージ

脳神経外科

みなさんこんにちは。元気に過ごしていますか?6年生はそろそろどこで研修しようか悩んでいる頃かと思います。もし、「将来、脳神経外科医になってもいいかな」などと、少しでも考えているような方は、ぜひ東京女子医大での初期研修をお勧めします。

東京女子医大 脳神経外科の売りは、まず日本で一番手術症例が多い事です。全国から様々な病態の患者さんが集まり、毎日手術をしています。そして、脳腫瘍の覚醒下手術や、機能的疾患の定位脳手術など、当院ならではの特徴的な治療も行っています。また、最先端の医療設備が揃っていて、検査や放射線治療なども含め、脳神経外科のあらゆる分野を経験する事ができます。なので、将来Top Neurosurgeonになるために、全国から研修医が集まってきています。

東京女子医大 脳神経外科の治療体制はグループ制になっていて、血管班、腫瘍班、機能班、下垂体班、小児班などのグループに分かれています。グループ間はどこも仲が良く連携ができているので、初期研修の時は自分が興味ある班を選んでもらっていいですし、いくつの班をまわってもらっても構いません。

研修は基本的に後期研修医について、担当患者さんの問診や診察、腰椎穿刺などの様々な処置、そして手術に入って外科手技を学んでもらいます。頭のCTやMRIも読めるようになります。頭部外傷や脳卒中の救急対応も一緒にやってもらっています。正直忙しいですが、とてもやりがいのある仕事だと思います。もちろん女性も大歓迎です(女性の脳神経外科医もいます)。

他にも女子医大の脳神経外科は

  • 医局が仲良く、明るい。
  • メリハリがあり、仕事終わったらとことん遊ぶ。飲み会もりだくさん。
  • 各種部活動あり。野球部、ゴルフ部、写真部、ラーメン部、epi bank bandなど、部員募集中。

それではみなさま、ぜひ東京女子医大病院で研修をして下さい。そして、ぜひ一度脳神経外科を見学に来てください。みなさんが来てくれるのを楽しみに待っています!

東京女子医科大学脳神経外科Home Pageも見てください。

  • 朝のカンファレンス風景

  • 医療練士の先生方

このページの先頭へ戻る