診療科からのメッセージ

リウマチ科(内科)

リウマチ科は、東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターの病棟部門として、それまでにあった東京女子医科大学附属青山病院より平成22年3月に移転した、東京女子医科大学病院の中では、比較的新しい診療科です。膠原病リウマチ痛風センターは、痛風やリウマチ性疾患を専門的に診察できる、日本で初めての総合的医療施設として1982年に開設されました。患者数は1日約500名、1か月約1万名で、リウマチ性疾患、関節リウマチ、膠原病、痛風、その他の専門外来としては世界最大級です。また、整形外科部門は関節リウマチ患者に対して、首都圏で最大数の人工関節置換術施行実績を誇っています。

リウマチ科研修の特徴は、以下の通りです。

  1. リウマチ性疾患、膠原病のみならず、合併症の診断・治療や、病棟での急性期・周術期の全身管理を研修できる。
  2. 内科・整形外科の連携が密で、両者の視点にたった研修ができる。
  3. 認定内科医、総合内科専門医の取得に必須な膠原病症例を経験できる。
  4. 関節リウマチ患者における首都圏で最大数の人工関節置換術実績を誇っており、高度な関節変形に対する手術を経験できる。
  5. 将来、外科系を専攻する際にも有用な、内科的合併症への対応や全身管理を研修できる。
  6. 希望に応じて、外来見学も可能である。

関節リウマチや全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、多発性筋炎、皮膚筋炎、血管炎症候群などの膠原病は、多臓器に症状が及ぶ疾患です。当科の研修では、内科領域全般にわたる知識と技術を修得することを目標としており、これらのリウマチ性疾患の診療を通して、全身性疾患の管理、臨床現場で頻度の高い筋骨格系プロブレムへのアプローチ、ステロイドや免疫抑制薬の特徴や副作用の理解、免疫不全への対応、慢性疾患の外来管理といった、あらゆる専門分野で将来有用な知識の基礎を修得しうる内容となっています。

病棟では、指導医や後期研修医と班を組んで診療を行います。指導医とともに患者さんを診察し、教授回診、温度板回診、症例プレゼンテーションを行い、そのフィードバックを受けるとともに、活発なディスカッションを繰り返し、治療方針を決めていきます。看護師、理学療法士などメディカルスタッフとのチーム医療を行いながら、患者さん一人一人に最適な医療を提供していきます。また、研修中に受け持った貴重な症例は、スタッフの丁寧な指導のもと、症例検討会や研究会・学会などで発表します。

全身が診れるrheumatologistをめざして、是非リウマチ科で研修をしてみませんか!充実した指導医、専門医が皆様をお待ちしています!

  • リウマチ科(内科)01
  • リウマチ科(内科)02

このページの先頭へ戻る