診療科からのメッセージ

小児科

東京女子医科大学小児科学教室は、本邦の小児神経・筋疾患診療の旗手的ポジションを築いてまいりました。故・福山名誉教授が切り開かれ、大澤名誉教授がその道を極められた「ミオパチー」の専門診療は、当教室のまさに伝統であり、毎日のように全国からたくさんの患者さんが訪れています。小国教授が世にその名を知らしめた「てんかん」診療の分野においては、全国からその教えを乞わんと大勢の研修生を迎えるにいたっています。このような当教室の「宝刀」は、これからも守り続け、これらの疾患の診療・教育に今後もたゆまぬ努力を惜しまないつもりです。

2013年から、病棟の診療グループに専門性を確立するため、神経総合、てんかん、ミオパチー、免疫・アレルギー・消化器、代謝・内分泌・糖尿病の各診療班を明確に立ち上げ、効率的かつより広域な診療分野に対応できるようになりました。また、2015年春から新たに「血液・腫瘍班」を新生しています。研修医のみなさんには、専門性の明確な診療グループに配属の上、効率的に広く、ときに深く、小児診療を学べるのではないかと思います。

東京女子医科大学では、当科の他に、循環器小児科、腎臓小児科、新生児科、小児外科、脳外科小児部門と統合して、「小児総合医療センター(2010年4月発足)」を組織し、さらにそれを基幹として東医療センター小児科・新生児科、八千代医療センター小児科・新生児科・小児集中治療科と連携すると、全病床数270床以上(関東近隣の国公立こども病院と比べても遜色のない規模)の「東京女子医大小児医療センター(仮称)」を形成しています。2017年度から開始される後期研修医用の「東京女子医科大学総合小児研修プログラム」は、このセンターをローテートする画期的なもので、今後は、希望により初期研修医の先生向けにも、スムーズにセンターをローテートできるオプションを考えて参ります。

こどもたちの未来のため、病児および家族のより良い人生を実現するため、私たちと一緒に小児医療を担っていきませんか?皆さまの応募を心よりお待ちしております。

文責:永田 智(主任教授)

連絡先:平澤恭子(医局長)
e-Mail:hirasawa.kyoko@twmu.ac.jp

このページの先頭へ戻る