診療科からのメッセージ

放射線腫瘍科

放射線腫瘍科は、がんの放射線治療を担当する講座です。がんを放射線で治療する放射線腫瘍学は外科腫瘍学や内科腫瘍学と同様に臨床腫瘍学の一分野で、がんの疫学、発生機序、がんの自然史などを理解したうえで、がんの診断および放射線治療を中心とした、がん治療を行うための学問です。放射線治療は近年のコンピュータや工学技術の進歩で、その精度や安全性が格段に進歩し、それに伴ってがん治療における放射線治療の重要性が非常に高くなっています。がんの増加に加えて、高齢化により高齢者や合併症を持ったがん患者さんも多くなっており、近い将来に放射線治療を受ける患者さんが、さらに増加することが予想されます。しかし、全国的にも放射線腫瘍医の数は足りないのが現状です。放射線腫瘍科は、わが国の放射線治療をリードしている講座の一つであり、質の高い放射線腫瘍医の育成にも力を入れています。

当科では、線量を腫瘍に集中させる先進的な方法である強度変調放射線治療や定位放射線治療はもちろん、前立腺癌を中心とした小線源治療も積極的に行っており、放射線治療に関する幅広い技術の習得が可能です。また、対象疾患も脳腫瘍、頭頸部腫瘍、肺癌、食道癌、乳癌、前立腺癌などの泌尿器系腫瘍、子宮頸癌などの婦人科腫瘍、悪性リンパ腫など多岐にわたっており、腫瘍学全般の研修が可能です。このような臨床面の研修に加えて、放射線治療に関する基礎研究も行っています。がん細胞の放射線に対する応答のメカニズムの解明や、放射線の効果を増強する機序の研究を進めており、希望者は臨床研修に加えて、基礎研究を行うテクニックや考え方の研修もできます。

  • 放射線腫瘍科01

このページの先頭へ戻る