診療科からのメッセージ

糖尿病・代謝内科(第三内科学)

糖尿病センターは1975年7月に、糖尿病やメタボリックシンドロームの患者さんのトータルケアを目指して設立された、世界でも類をみない最大級の糖代謝や脂質代謝疾患専門の診療施設であります。1975年以来、糖尿病診療のサブスペシャリティ化の取り入れ、チーム医療の先駆的取り込み、幼児年齢からの一貫した糖尿病診療と、糖尿病診療において先進的役割を果たしてきました。

現在の外来は、糖尿病代謝の一般内科、糖尿病眼科外来のほか、小児・ヤング、腎症(CAPDを含む)、妊娠、フットケア、神経障害、心血管障害、肥満・脂質異常、遺伝外来などの専門外来があり、約10,000人の糖尿病患者さん(内、1型が約2,000人)が定期的に受診され、年間のべ約10万人の患者さんが通院されています。

透析ユニット5床を含む病棟では、糖尿病発症間もない幼児から高齢者までの糖尿病教育、糖尿病合併妊娠や透析導入、インスリンポンプ導入、足壊疽治療まで様々な糖尿病患者さんの診療を行っています。腎不全保存期の診療からシャント作成・透析導入までも糖尿病センター病棟で行っていること、眼科手術目的で入院中の患者さんの全身管理も内科医が責任をもって行っていること、足壊疽にはVAC療法などを積極的に行っていることも、糖尿病センターの特徴の1つです。

入院診療は、病棟医が5,6の班に分かれて診療を行っています。班は指導医1人、1,2名の初期研修医、2,3名の後期研修医という構成です。毎週、教授・講座主任と病棟長の回診・班回診があり、班の医師全員が患者情報を共有するシステムになっています。

糖尿病・代謝内科の研修は、まず食事、運動療法を基本とする療養指導を充分理解した上で、経口血糖降下薬やインスリン、インクレチン関連薬など薬物療法による血糖コントロールのやり方を習得していただきます。つぎに、急性合併症および慢性合併症の診断と治療、他科との連携が必要な合併症や疾患の治療を含め、全身の疾患を診ることができる医師を育成することを目標としており、これまで多くの糖尿病専門医、指導医を輩出してきました。

毎朝、医局で入退院報告会と抄読会があり、報告と発表能力をここで養います。さらに、高血圧・内分泌内科との合同カンファレンスや講演会、研修クールの終わりには、その間に受け持った貴重な症例について医局症例報告会を設け、症例をまとめ発表する能力を培います。

メディカルスタッフとのチーム医療は1975年から率先して進めてきた医療形態であります。チーム医療による成果は専門外来の治療成績として明らかとなっており、病棟では集団栄養指導を週2回、糖尿病教室は週5日行っており、外来患者さんには患者会での勉強会や講演会、ヤングの患者さんのミーティングや肥満症のグループミーティング、妊娠と糖尿病の勉強会など、患者さんを中心に考えた指導システムを整えています。

糖尿病患者さんは、今後もますます増え続けることが予測されています。糖尿病の診療に関心のある皆さん!糖尿病専門医を目指す皆さん!是非、糖尿病センターで糖尿病内科臨床の醍醐味を味わってください。

  • 糖尿病・代謝内科(第三内科学)01

    回診時フィルムカンファレンス

  • 糖尿病・代謝内科(第三内科学)02

    モーニングカンファレンスの風景

このページの先頭へ戻る