診療科からのメッセージ

小児外科

小児外科では、小児消化器疾患、小児泌尿生殖器疾患、小児体表疾患、新生児疾患を中心に、幅広い疾患の診療を行っています。

当科は、都内でも有数の日本小児外科学会認定施設に認定されています。当院では、小児科・腎臓小児科・循環器小児科・母子総合医療センター新生児部門・脳神経外科小児部門とともに小児総合医療センターが設立されており、高度な小児チーム医療の中で、小児外科の研修を行うことが可能です。小児総合医療センター内の各診療科が、非常に高度で専門性の高い小児医療を行っているため、診断・治療が困難である高度な合併奇形を有する小児症例が多いことが、大きな特色となっています。

当小児外科の特徴である小児内視鏡(腹腔鏡・胸腔鏡)手術に関しては、多くの疾患を内視鏡下で診断・治療しており、先天性食道閉鎖症、先天性横隔膜ヘルニア、胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、ヒルシュスプルング病、鎖肛などの小児外科を代表する新生児・乳児疾患に対しても、内視鏡手術を標準術式として行っています。当科の研修では、小手術の執刀が経験できるとともに、最先端の小児内視鏡外科手術を学ぶことが可能です。

このページの先頭へ戻る