診療科からのメッセージ

産婦人科

高度な医療内容

婦人科部門では、悪性腫瘍の治療を精力的に行っています。高度なレベルの手術を中心に、集学的治療を多くの患者さんに行っています。また、卵巣嚢腫や子宮筋腫などの良性疾患に対しては、腟式、開腹術、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、レーザー手術などの最新技術を導入し、治療に当たっています。更年期医療・女性医療・ウィメンズヘルスに関しても高度な医療を提供しています。

産科においては、心臓病、腎臓病、糖尿病といった合併症を持つ妊婦の管理で圧倒的経験例を持ち、他大学の追随を許しません。腎移植後の妊娠では、全国の半分以上の症例が当科で管理されています。また、産科救急の分野においても、東京都内にある9カ所の総合周産期母子医療センターの一翼を担っており、東京西部の産科救急の拠点として救急症例に対応しています。

最近の入局者の卒業大学(卒後10年以内の中途採用者も含む)

  • 2017年 1名(本学 1名)
  • 2016年 2名(本学 1名、聖マリアンナ医大 1名)
  • 2015年 1名(愛媛大 1名)
  • 2014年 1名(本学 1名)
  • 2013年 8名(本学 5名、愛知医大 1名、帝京大 1名)
  • 2012年 7名(本学 4名、近畿大 1名、鳥取大 1名、富山大 1名)
  • 2011年 6名(本学 5名、川崎医大 1名)
  • 2010年 3名(本学 3名)
  • 2009年 7名(本学 5名、聖マリアンナ医大 1名、久留米大 1名)
  • 2008年 6名(本学 3名、東京医大 1名、山梨大 1名、東海大 1名)
  • 2007年 3名(本学 2名、鹿児島大 1名)
  • 2006年 5名(本学 3名、弘前大 1名、金沢大 1名)

このページの先頭へ戻る