後期臨床研修制度について

臨床研修教育部門担当 副院長
川名正敏

東京女子医科大学病院
医療練士制度委員会委員長
後期臨床研修制度委員会委員長
臨床研修教育部門担当 副院長

東京女子医科大学では、1966年よりすぐれた臨床医を育成するための卒後臨床研修プログラムとして本学独自の後期臨床研修制度:医療練士研修制度を運営してきました。これまでこの研修過程を修了した各領域の専門医が、国内外を問わず多くの機関・地域で活躍しています。このプログラムには例年140名を超える後期臨床研修医が入職し、現在までに約2600余名が研修を修了しています。

2017年度からの専門医制度の抜本的な改革に伴い、本学の後期臨床研修制度も大幅に見直し、本学独自の医療練士制度は2016年度までに後期臨床研修を開始した医師までとして、2017年度からは新しい後期臨床研修制度としてスタートすることとなりました。

この制度は、カリキュラムに従った5年間の後期臨床研修プログラムであり、さらに、広く一般的診療能力を有した専門領域の専門医を育成することが目標です。東京女子医科大学病院の大きな特徴は高度先進医療を担う診療科が揃っており、充実した診療科と優秀な指導医による研修システムが可能なことです。外来・入院患者数は国内トップクラスであり、他の医療施設では経験できないような臨床症例も多く、診療および研究能力を高めるためには最高の研修病院です。各診療科の専攻により専門領域の研修および専門医を取得することが可能なだけでなく、他診療科へのローテーションもフレキシブルに行うことができます。

現時点で新たな専門医制度に基づく研修プログラムが2017年度からスタートするかどうか不明ですが、本学ではこれに対応できるプログラムが構築されており、学会または日本専門医機構の意思決定によりいつでもプログラムを開始することができます。

また、後期臨床研修医の待遇で、本学大学院生も兼ねることができる大学院生コースも整備され、専門医とともに医学博士号の同時取得も可能となっています。さらに、育児に伴う短時間勤務制度を導入し、勤務体系の充実も図っております。


ページの
先頭へ