診療科からのメッセージ

高血圧・内分泌内科(第二内科学)

東京女子医科大学病院で初期臨床研修を希望されるみなさんへ

高血圧・内分泌内科ではスタッフ一同、丁寧でわかりやすい教育を心がけています。また、よい医療を提供するためには、私たち自身も充実した心で日々の仕事に取り組めることが大切と考え、雰囲気のよい職場環境作りに配慮しています。 みなさんも、高血圧・内分泌内科で初期研修を受けてみませんか!

高血圧・内分泌内科の研修は、一言で言うと最高でした。
研修医は、常時2~4人の患者さんを担当します。回転が速いです。その分サマリーの数は増えますが、担当の患者さんが入院してから、退院するまで見ることが出来る点はよかったと思います。雑用に追われたり、忙しすぎることがないため担当の患者さん、その疾患についてゆっくりと学ぶ時間を持つことができました。班の違いや経歴の長さに関わらず、どの先生にも質問できる雰囲気のよさも魅力的でした。高血圧・内分泌内科の魅力は院内にとどまらず、班コンパや病棟コンパに連れて行っていただき、仕事後も楽しい研修生活を送ることができました。
(研修医:新潟県出身)

第一に指導体制が充実していました。研修医としての生活が始まる4月、何一つ自分では出来ない状況の中、高血圧・内分泌内科の先生方は基本から仕事の順序を指導してくださいました。日が経つにつれ、次の対応や仕事内容について自分で考えてる機会を与えてくださることも多く、確実に自分の成長を感じさせてくれるような指導は、研修医にとっては本当に有り難いものでした。 研修医はローテートできる科が限られており、中には自分の興味のあるなしに関わらず、決められた科を研修しなければいけないという状況も起こり得ます。そんな中、高血圧・内分泌内科の先生方はいつでも広い視野で「一般的な内科医としては」や、さらに「まず医師として」の大切な基礎をお話してくださいました。
(研修医:大分県出身)

何をするにも初めての私達でしたが、先生達は優しく基本から応用まで丁寧に指導してくださいました。臨床研修には色々な回り方がありますが、将来内科に進みたいと思う私は臨床研修の第1クールを高血圧・内分泌内科で過ごすことが出来て本当によかったです。
(研修医:福島県出身)

  • 高血圧・内分泌内科(第二内科学)01
  • 高血圧・内分泌内科(第二内科学)02

このページの先頭へ戻る