大学院・研究施設

看護職生涯発達学

概要

博士後期課程では、そのテーマにおける先見性や独自性が問われます。看護職生涯発達学領域は、看護職が生涯を通して、発達し続けることに関する新しい理論と方法論の創出を目指します。看護職の生涯にわたる領域という意味では、テーマは広く、新しい視点のもとで開拓できる可能性が広がっています。看護職に求められる哲学・倫理を基盤として、日本の文化に根ざした理論の創出を多様なアプローチから試みていきます。
 

研究可能テーマ

倫理に関する意思決定の支援、倫理的問題解決のための支援、合意形成手法を取り入れた教育と実践、看護職に求められるファシリテーションとコンサルテーションなど、看護職の役割と能力の向上に向けた多様な取り組みを期待しています。

スタッフ紹介

・教授  吉武 久美子