大学院・研究施設

実践看護学Ⅰ(がん看護学)

概要

がん看護学では、修士論文コースと専門看護師コース(38単位)を開設しています。
修士論文コースでは、がん看護学の研究者および教育者、臨床現場でのリーダーとなる人材の育成を目的とし、腫瘍学に関する最新の知識及びがん看護の基盤となる概念や理論などについて学びを深めます。これらをもとに自己の研究課題を明確化し、テーマに適した手法を用いて研究を行います。
専門看護師コースでは、がん患者とその家族の複雑で解決困難な健康問題に対し、包括的に支援できる能力を養うために、専門看護師に求められる6つの役割(看護実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究)について、理論と実践を通して学びます。
 

研究可能テーマ

がん看護・緩和ケア領域の研究テーマを幅広く扱っています。
修士論文コースでは、将来的に自立した教育・研究者になることを目指して、研究指導を行います。がん患者の症状マネジメント、がん患者及び家族のQOL、遺族ケア、緩和ケアの質の保証、看護師の緩和ケア実践能力の向上・評価、学部生に対する緩和ケア教育など、がん看護・緩和ケアにかかわる多様な側面の研究テーマに取り組むことが可能です。
専門看護師コースでは、自身のこれまでの臨床経験の中で関心を持ったテーマを洗練させ、系統的な文献検討を行い、課題研究論文としてまとめます。課題研究論文の作成を通して、修了後に臨床で活躍する際にエビデンスや理論を活用し(clinical application)、実践や現場境域を行えるようになることを目指しています。

スタッフ紹介

・教授  笹原 朋代
・准教授 小泉 雅子
・准教授 三條 真紀子
・講師  原 美鈴
・講師  三浦 美奈子
・助教  小林 礼実
・助教  鈴木 香緒理
・助教  峯川 美弥子
・助教  那須 実千代
・助教  河合 育世

学位論文テーマ主な実習施設

■学位論文テーマ
 
○修士論文テーマ
・転移性脳腫瘍によりガンマナイフ治療を受けた患者の体験
・再発した造血器がん患者にとっての治療選択と治療継続の意味
 
○課題研究論文テーマ
・終末期がん患者の「自分らしさ」に関する研究の内容分析
・性機能障害を抱える男性がん患者の経験に関する文献学的レビュー
・外来化学療法を受けている再発又は転移のある50歳代女性がん患者がとらえる病い
・外科病棟で症状緩和を必要としている消化器系がん患者が期待する看護
 

■主な実習施設

・東京女子医科大学病院
・東京逓信病院
・日本医科大学病院
・越川病院
・株式会社ケアーズ白十字訪問看護ステーション