大学院・研究施設

実践看護学Ⅰ(がん看護学)

概要

がん看護専門看護師養成コースと修士論文コースがあります。
がん看護専門看護師養成コースは、38単位コースです。現代社会におけるがん医療の課題から臨床における看護の質向上まで多角的な見解から課題について探索し、高度実践能力、コンサルテーション、倫理調整、チーム医療を推進する調整力などの能力を育成します。薬物療法、意思決定支援、シームレス医療、在宅療養支援、症状マネジメント、臨床推論、遺伝看護、家族看護などに関する知識と技術を習得し、高度実践能力、コンサルテーション、倫理調整、チーム医療を推進する調整力など専門看護師として重要な能力を育成します。
修士論文コースでは、がん患者・家族のQOLの維持・向上を目指した実践的なケア評価研究をはじめ、患者や家族の苦悩を明らかにする研究、現代社会におけるがん医療の課題から看護の質向上など、多角的な見解から課題について探索します。これらを基に、自己の課題を明確化し、テーマに適した研究手法を用いて、研究を遂行します。この研究プロセスをとおして、研究者としての基盤となる能力を育成します。

研究可能テーマ

自己の課題に関しては、エビデンスを整理し、その課題のがん医療における位置づけを検討し、研究の意義を明らかにします。これらの経過によって研究の意義が明確であるテーマについて探求しますので、多様なテーマが研究可能です。例えば、さまざまな治療中の看護、がんサバイバーへの看護、緩和ケア、エンド・オブ・ライフケア、地域医療連携、がん看護教育、がん医療体制などに関するテーマです。研究方法は、倫理的課題も考慮しながら、テーマに適した研究手法を活用しまので、量的・質的研究どちらの研究にも対応します。

スタッフ紹介

・講師  原 美鈴

学位論文テーマ主な実習施設

■学位論文テーマ
 
○修士論文テーマ
・転移性脳腫瘍によりガンマナイフ治療を受けた患者の体験
・再発した造血器がん患者にとっての治療選択と治療継続の意味
 
○課題研究論文テーマ
・終末期がん患者の「自分らしさ」に関する研究の内容分析
・性機能障害を抱える男性がん患者の経験に関する文献学的レビュー
・外来化学療法を受けている再発又は転移のある50歳代女性がん患者がとらえる病い
・外科病棟で症状緩和を必要としている消化器系がん患者が期待する看護
 

■主な実習施設

・東京女子医科大学病院
・東京逓信病院
・日本医科大学病院
・越川病院
・株式会社ケアーズ白十字訪問看護ステーション