大学院・研究施設

実践看護学Ⅰ(クリティカルケア看護学)

概要

クリティカルケア看護学は、生命の危機状態にある患者・家族および集団に対し、速やかに恒常性の回復・維持を図り、QOLや自律性の向上を目指すべく、最新の知見や根拠に基づいた高度な実践能力、教育、研究を探求する領域です。その範囲は、救命救急・集中治療室にとどまらず、一般病棟・外来から在宅・地域まで及びます。すなわち、急性増悪を繰り返す重篤な慢性疾患を抱える患者・家族も対象であり、横断的かつシームレスな活動は、多岐に渡ります。
そこで、本学ではクリティカルケア看護学の基盤となる概念・理論、専門領域に特化した生体侵襲学、代謝・病態生理学、治療管理学、フィジカルアセスメント、全人的苦痛と緩和ケア、エンド・オブ・ライフケア、医療倫理などついて学び、多角的かつ全人的な視点を養います。  
CNS実践看護コースでは、臨床現場で精力的に活動する急性・重症患者看護専門看護師のもとで、CNSに求められる6つの役割(看護実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究)を学ぶために、充実した演習・実習環境が整備されています。課題探求力、理論的思考力の向上を目指して、ともに学びましょう。

研究可能テーマ

ICU・CCU看護、急性期看護(慢性疾患の急性増悪を含む)、周手術期看護、救急看護、移植・先進医療に関連する看護、意思決定支援、家族看護など。

スタッフ紹介

・准教授 小泉 雅子
・助教  小林 礼実
・助教  峯川 美弥子






 

学位論文テーマ主な実習施設

■学位論文テーマ

○修士論文テーマ
・脳死ドナーの看護を行う看護師の体験
・周手術期における患者の家族がもつニードの変化
・心臓手術を受けた患者の回復意欲を高める要因
 
○課題研究論文テーマ
・先天性心疾患手術後早期退院における母親の療養生活適応プロセス
・東日本大震災で災害急性期救援活動をした看護師の主観的経験
・3次救命救急センターに搬送される外傷患者が体験する痛みの様相 -トータルペインの
視点から-
 
■主な実習施設

・聖マリアンナ医科大学病院
・東京女子医科大学病院