大学院・研究施設

看護職生涯発達学

概要

看護職生涯発達学は、看護学生を含む看護職が生涯を通して、個人として、集団として発達し続けることに関する理論と方法論を探求する実践・教育・研究領域です。看護職が成長・発達し続けるには、人・空間・時間の捉え方とそれを踏まえたマネジメントについて、哲学的・倫理的な見方を養う必要があります。看護専門職に要請される多様な能力、すなわち、状況に応じた適切な表現力、倫理的判断力、問題発生予防・問題解決能力の向上に向けて、新たな研究手法をも探求する理論と実践の両方からの研究を目指します。
そのために本課程では、学生自身の経験を踏まえた研究課題を見つけ出すために、文献を用いた哲学的視点からの考察、看護職に向けた教育プログラムの検討、合意形成理論と方法論を取り入れたファシリテーション教育の開発などの特論と演習を準備しております。これからの看護職支援に向けての能力獲得を望む方の入学を期待しております。

研究可能テーマ

看護職の倫理に関すること、看護職への教育に関すること、医療・看護における合意形成・ファシリテーションに関することなど、看護職を対象とした多様な研究が可能です。
 

スタッフ紹介

・教授  吉武 久美子
・講師  草柳 かほる
・助教  多久和 善子
・助教  山口 紀子