大学院・研究施設

小児看護学

概要

近年の少子社会は、小児看護の現場に様々な変化をもたらしています。小児病棟の祝集や、在宅医療への移行、慢性疾患を持つ成人医療への移行、遺伝子治療や移植医療など、先進医療に伴う看護など、新たに開発すべき看護の課題も山積しております。小児看護領域では、現代の子どもをめぐる変化に対応し、子ども最善の利益の実現に資する研究が求められております。
本学大学院博士後期課程では、学生の関心あるテーマに関して、十分な学修、探究を重ね研究計画として洗練する過程を経て、研究に挑戦し、博士論文としてまとめることを支援します。
小児看護領域における研究者、あるいは教育者、リーダーとして小児看護の発展に貢献する意欲がある方とともに研究することを楽しみにしております。
 

研究可能テーマ

小児看護の実践、小児保健、小児看護学教育、小児看護管理、健康障害を持つ子どもと家族への支援等に関する研究。問題意識、関心あるテーマに関して十分に討議して研究指導を勧めます。

スタッフ紹介

・教授  日沼 千尋
・准教授 関森 みゆき
 

博士論文テーマ

・小児看護に携わる看護師の子どもの権利擁護実践に至る内的要因の形成過程