大学院・研究施設

看護管理学

概要

「看護管理」は実践であり、「看護管理学」は看護管理の実践に必要な知識を探求する領域です。看護管理学は、看護学を基盤に、組織論やマネジメントの知識、また、人を活かす方法論としての心理学・教育学などを看護管理に応用・適用するとともに、「看護管理」に関わる独自の知識を探求する学問領域です。看護サービスを受ける患者やその家族に、より良いアウトカムをもたらすには、看護・医療・福祉に従事する人々がいきいきと働き、組織・チームとして大きな力を発揮できる環境が必要です。こうした環境を整えるためにはどのようなアプローチが「看護管理の知」として必要か、研究することを目指します。

研究可能テーマ

看護管理者の実践能力(コンピテンシー)とそれを習得していくためのプロセス、また、管理者を始め、看護組織のエンパワメントに関する研究に取り組みます。看護師がいきいきと働き、自らのキャリアを発達させていくために必要な職場環境や継続教育体制について探求し、ワーク・ライフ・インテグレーションを視座にいれた研究を目指しています。さらに、看護ケアの改革がチームや組織にもたらす変化についても探求し、専門職集団としての看護の実践向上に寄与する研究を行うことも可能です。

スタッフ紹介

教授  池田 真理