大学院・研究施設

実践看護学Ⅳ(小児看護学)

概要

修士論文コースと専門看護師コース(38単位)を開設しております。
修士論文コースでは、小児看護学研究者及び教育者、臨床のリーダーとしての基本として、小児看護学を専門的、系統的に学びます。基礎教育では十分に思考を深めることができなかった子ども最善の利益を中心に据えた子どもの看護の本質について、関連する科目とともに学び、思索を深めます。
小児看護の質の向上に貢献する研究にチャレンジしたい方、将来小児看護教育に関わりたいと考えていらっしゃる方をお待ちしています。
また、専門看護師コースでは、高度実践看護師として求められる基礎的な科目に加え、子どものアセスメントに関する科目、子どもの権利擁護に関する科目、小児科医師による小児疾患の診断治療に関する系統的な学修をするための演習と実習、小児看護専門看護師の役割機能を学ぶための演習や実習等、高度専門病院という本学の特徴を生かした実践的で多彩なプログラムを準備しております。修了生は、全員専門看護師として小児看護の実践の場で活躍しております。

研究可能テーマ

近年、小児看護の現場は少子化の影響で混合病棟の増加などによる環境の悪化から、子どもの様々な権利の保障の問題、看護の質の向上、継続教育の課題、遺伝子治療や出生前診断など、高度専門化する中での新たな課題への対応が益々求められております。
修士論文コースの主な研究テーマは小児看護の実践や子どもの成長発達、小児看護学の基礎教育や継続教育に関するもの、小児看護に携わる看護者自身に関するもの、小児保健や小児看護全般に関することについてなど幅広く取り組んでおります。
子どもの看護に関する疑問や課題を研究として取り組む能力を修得したい方には、ふさわしい環境を提供できると考えます。

スタッフ紹介

・教授  日沼 千尋
・准教授 関森 みゆき
・講師  奥野 順子
・助教  櫻田 章子
・助教  木戸 恵美

学位論文テーマ主な実習施設

1)学位論文テーマ

○修士論文テーマ

・クローン病をもつ人の思春期-青年期の生活体験
・小児看護領域の看護師が働き続けられている要因 -SOCに着目して-
・看護師の子どもの死に関する捉え方 ~亡くなりゆく子どもへの看護の体験から~
 
○課題研究論文テーマ
・慢性疾患をもち就学・復学をする子どもとその家族の困りや不安と望む支援
・小児看護における子どもの「泣き」の捉え方に関する文献検討
・文献にみる小児看護の質と専門性
・小児の集中治療において終末期へと変化する子どもに関わった医療者の協働の実際
・文献にに見る小児看護の「質」と「専門性」
・小児看護における子どもの「泣き」のとらえ方に関する文献検討
 
 
2)主な実習施設
 
・神奈川県立こども医療センター
・東京女子医科大学病院
・東京女子医科大学八千代医療センター
・東京女子医科大学東医療センター
・その他、実習生と相談して決定