総合診療科は、患者さんのニーズにこたえるような医療・ケアを外来や病棟で提供します。
いろいろな病気を横断的に診るだけではなく、包括的なケアや他の部門との連携を
重視しています。

総合診療は医療福祉施設などとの結びつきにも配慮していき、家族や地域を診る視点も重視しています。
さらに、実際に地域で展開されている医療などを知り、地域住民のニーズに合致した包括的医療や多職種連携を理解し、全人的医療を実現させる総合診療、地域包括ケア、そして地域共生社会の重要性を認識できるよう医師:総合診療医を育成しております。そして実習や研修を通して患者・住民のニーズに合った医療としての総合診療を実施できるようにします。また、多職種連携教育、生涯教育や大学院生に対する教育も実施しております。

患者さんへ

総合診療科では総合診療、コミュニケーション、地域医療、医学教育に係る研究を行っております。特に行動科学的研究や地域における疫学研究に重点を置いております。

  • 医師の特性と地域住民の受療行動や健康の関連に関する研究
  • AIを用いた医療面接の非言語コミュニケーションに係る研究
  • その他、総合診療や感染症に係る研究
さらに、学生や若い先生の教育に力を入れております。そのために診察においても皆様のご協力を仰ぐことも多々あるかもしれませんが、困ったらまず相談をしていただき、いつでも寄り添い、みなさんの暮らしをともに支え見守って参ります。

医療スタッフの皆さんへ

皆様のニーズに合った医療を心掛けつつ、少子高齢化する未来の日本に必要な医療を模索し、それに対応した医療の構築に寄与したいと考えております。どうかよろしくお願い申し上げます。

 

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.