睡眠科

Division of Comprehensive Sleep Medicine

 

特徴

当科は睡眠障害を専門とする診療科です。

当科の前身は、東京女子医大附属青山病院睡眠総合診療センターで、2010年より睡眠時無呼吸症候群を中心とした睡眠呼吸障害、むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害、ナルコレプシーなどの過眠症などの睡眠障害の検査、診断、治療を行ってまいりました。

睡眠障害は、事故やヒューマンエラーなど社会的問題、うつなどの気分障害、生活習慣病と密接に関係し、総合的、専門的に診断、治療していくことが重要です。当科では、睡眠医療、循環器内科、呼吸器内科、神経精神科の専門医が診療にあたり、院内でも歯科口腔外科、耳鼻咽喉科、神経内科など多数の診療科と連携をとりあっています。睡眠に関する悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

睡眠障害の専門医療機関として日本睡眠学会の施設認定を受けています(認定番号A-0104)

 

すべての睡眠障害の診断、治療、相談を行っています。

検査、治療

骨髄移植のご相談にも応じております。十分に情報を提供し、その上で適切な検査法や治療法を選んでいただこうと思っています。

 

陽圧呼吸療法

閉塞性睡眠時無呼吸症候群では、持続陽圧呼吸(CPAP)を、心不全などに伴う補助呼吸が必要な人にはサーボ制御圧感知型人工呼吸器(ASV)で治療します。

口腔内装置

閉塞性睡眠時無呼吸症候群軽症例から中等症例では、歯科口腔外科での口腔内装置による治療をおこないます。

 

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.