領域紹介

看護系 小児看護学

小児看護学

小児看護学では、子どもは「環境との相互作用の中で生活し成長・発達し続ける存在」「限りない可能性を持つ存在」「一個の人格を持ち、尊重されるべき存在」としてとらえ、その看護を学びます。看護の目標としては、子どもの健康が増進し、健やかな成長・発達が保障されることや、苦痛が緩和し安楽に過ごせること、時には穏やかな死を迎えることを掲げている。
「小児看護学概論」では、子どもの発達の特徴について学び、「小児看護学各論」と「小児看護学実習」では、様々な健康レベルにある子どもの看護に関する理論と技術を学びます。研究においては、子どもの療養環境の改善や臓器移植をうける子どもと家族への支援についてとり組んでいます。

教科目

小児看護学概論

子どもの成長・発達全般、および子どもの健康を守るための小児保健の制度について学習します。

小児看護学各論

実習に先駆けて、
1.看護の対象である子どもを子どもの成長・発達、生活、健康の側面から学習します。
2.子どもの健康を増し、苦痛を緩らげ、健康の回復を促進、あるいは穏やかな死を迎える援助について学習します。

小児看護学実習

小児看護学実習は子どもの生活と小児看護の具体的援助について学習します。小児看護学実習では、女子医大病院の小児病棟などで入院している子どもを受け持ち、看護過程を展開しながら子どもの看護の基礎的実践能力を身につけます。具体的には、子どもの健康状態、生活、発達の側面からアセスメントし、子どもの生活が安全で苦痛なく、その子らしくのびのびと生活できるよう、小児看護学特有の技術を用いて援助します。また、子どもと関わる際には、子どもの意思を尊重し、権利を守るように援助します。実習期間は2週間集中して行います。

スタッフ紹介