領域紹介

看護系 小児看護学

小児看護学

本学小児看護学では、子どもは「一個の人格を持ち、尊重されるべき存在」「環境との相互作用の中で生活し、成長・発達し続ける存在」「限りない可能性を持つ存在」としてとらえています。新生児期から思春期・青年期にわたる、あらゆる健康レベルとあらゆる状況にある子どもとその家族を対象として、子どもの健康が増進し、健やかな成長・発達が保障されることや、苦痛が緩和し安楽に過ごせること、時には穏やかな死を迎えることに向けた看護について学びます。 「小児看護学・概論」では、子どもの発達の特徴について学び、「小児看護学・各論」と「小児看護学実習」では、さまざまな健康レベルにある子どもの看護に関する諸理論や援助を学びます。研究活動では、先天性心疾患をもつ子どもへの支援、重症心身障害児と家族に対する在宅支援、小児看護学教育における学生の主体的な学びを育むための学習法などに取り組んでいます。

小児看護学

教科目

小児看護学・概論

小児看護の概要と、子どもの成長・発達の特徴を生活行動の視点から学びます。

小児看護学・各論

看護の対象である子どもを、成長・発達、生活、健康の側面から学修します。さまざまな健康レベルにある子どもの成長・発達と生活を理解し、子どもの健康を増進し、苦痛を緩らげ、その子らしく成長・発達していくことに向けた援助について学修します。

小児看護学実習

小児看護学実習は子どもの生活と具体的援助について学修します。東京女子医科大学病院の小児病棟などで入院している子どもを受け持ち、子どもを成長・発達、健康状態、生活の側面から理解し、子どもがその子らしく生活し成長・発達できるよう、子どもの状態に合わせた看護を考え実践します。また、子どもと関わる際には、子どもの意思を尊重し、権利を守るように援助します。

スタッフ紹介