学科紹介

看護系 基礎看護学

看護系 基礎看護学

基礎看護学では、看護の対象となる人々に、より健康を維持する生活を実現すべく次のことを学ぶ。一つは、看護者としてのものの見方や考え方を身につけること、二つめは、基本となる看護(生活援助)技術を習得することです。
科目内容としては前者を「看護学概論」で、後者を「基礎看護学・各論Ⅲ」で履修します。さらにこれらを根底に看護を実践するにあたっては、対象一人一人に合わせた援助となるよう具体的な事例を通して看護過程の展開の方法を「基礎看護学Ⅳ」で学ぶことになります。
そして、地域で生活する人々と接することを通じて、「基礎看護学実習Ⅰ」では看護の対象としての人間の発達の意味を問い、「基礎看護学実習Ⅱ」は、患者の生活援助の実際を体験し、人間関係を成立・発展させるための基本的能力を身に付け看護者としての役割を学びます。さらに看護の歴史、職業規範・倫理に触れ、専門職業人としての基本的姿勢を身に付けます。

教科目

看護学概論

学問としての看護学を学習する導入部として「看護学」に関する基盤・基本になる理論、方法を多角的に学習します。特に看護学・看護の構成要素である「人間」「環境」「健康」「看護」についての概念、概念間の関連性とその変化を歴史的に学習し、看護専門職としての自己の学習課題を明らかにします。

基礎看護学・各論Ⅰ

人の健康的な生活について知り、生活を整えるための看護方法の基本を学習します。入学後、自分が「看護師」に近づいていることを最も具体的に実感できる科目といえるかもしれません。看護実習室で友人を相手に、どう援助したらより看護的になるだろうかを考えながら演習をします。

基礎看護学・各論Ⅱ

個別性に応じた看護実践の素地を養うために、健康に障害をもつ人々の健康状態に応じた基本的な看護の理論と方法を学び、生活援助技術の基本を習得します。

基礎看護学・各論Ⅲ

健康に障害をもつ人々が診療を受ける際に、安全・安楽を守るために必要な援助技術を学びます。

基礎看護学・各論Ⅳ

理論に基づいた看護実践のための方法『看護過程展開の技術』を習得します。
"個別な対象に、より適切な援助となるよう看護するための方法論"について視覚化したモデル図と併せて学習します。ついで実際の看護実践例を素材として、<看護過程展開モデル>をもとに、事例展開の実際を具体的に学びます。

基礎看護学実習Ⅰ

大東キャンパス周辺の施設に出かけていき、様々な人々と関わり、「人の生活と健康について」考えていきます。

基礎看護学実習Ⅱ

1年間の学習内容をすべて統合し、はじめて一人の患者さんを受け持って看護します。"これが看護なんだ"と自分の体験から実感できることをめざしています。

スタッフ紹介