領域紹介

基礎科学系

基礎科学系

基礎科学系はライフサイエンスを枠組みとして、自然科学および基礎医学の領域の生物学、解剖学、生理学、生化学で構成されます。現在は解剖学と生化学を担当する2名の専任教員がいます。
科目は「生物としての人間」「栄養代謝学」「人体の構造と機能」「生体の化学」で、大東キャンパスの第1学年を対象とした講義、実習です。「生体の化学」は高等学校のカリキュラムの多様化に対応して開講する科目で、各科目の内容はもとより系全体の連携を常に見直すよう努めています。
看護の専門職としては人間の生命活動の本質についての十分な基礎知識を身につける必要があります。基礎科学系では、生命活動を化学および生物学的に理解し、人体の正常な構造と機能などの基礎医学的な知識を習得することによって、病態を的確に把握できる力を養い、急速に発展する生命科学に対応して常に問題意識をもって自己学習しうる人材の育成を目指した教育を行っています。

教科目

生物としての人間

人間がどのようにして人間らしい特徴を持つに至ったのかを進化の過程から、現代の分子生物学まで総合的に学び生物としてのヒトを理解します。

人体の構造と機能

健康な人体の正常な機能を理解することは患者の病態や病因を知り、適切な看護を実施するためにも必要です。人体の構造と機能について講義と実習を通して学びます。

栄養代謝学

日本人の食と栄養、食事摂取の基本を理解した上で、生命現象のエネルギー代謝を中心に3大栄養素の代謝経路や酵素の役割など食物がどのような過程を経て生命現象の維持にかかわるのか学びます。講義・実習を通して学びます。

情報科学演習

医療や看護の環境でもコンピューターを含む情報機器の活用は不可欠です。ここでは情報の概念を把握し、将来の専門に役立てる情報科学の基礎を学びます。

生体の化学

生体機能を理解するためには、基本的な化学の知識が必要です。高校までに学習した化学を再学習し、さらに生体を構成する有機化合物の特性を学びます。

スタッフ紹介