教育の特色

教育理念・教育目的・教育目標

看護学部の教育理念

本学部は「女性の社会的地位の向上と経済的自立を目指すと共に、至誠と愛の精神に基づき医療を行う人材を育成する」という創立者吉岡彌生の趣旨を受けつぎ、これを教育の基本理念とする。
本学部における教育は学生が自ら学び成長しようとする向上心を側面から支援することであると考える。それは、学生一人一人の個性を尊重する教師と、自ら学ぼうとする学生との真剣な相互作用の過程において創られるものである。

看護学部の教育目的

本学部は、建学の精神に基づき、変動する社会情勢の中で看護の役割を認識し、責任を自主的に果たし得る看護実践者を育成する。すなわち、いかなる状況下においても、医療倫理を遵守し、至誠と愛の精神に基づいて行動できる看護職者としての基礎を確立することを目的とするものである。
さらに、本学部の教育は、看護の専門性を追求し、看護学の発展に寄与できるための基礎を養うものである。

看護学部の教育目標

看護はあらゆる健康のレベルにある人々を対象とし、それらの人々の健康レベルの向上を目指して援助を行うものであり、この援助活動は、人々の生活を尊重し、人間理解に根ざした関係を基盤として、継続的に行われるものである。
看護は人間としてさけられない「生・老・病・死」とかかわりをもちながら、対象者との密接な人間関係を通して行われていくものである。したがって、看護者には豊かな人間性と科学的思考に支えられた創造的・主体的行動が求められる。

本学部は以下の教育目標を掲げる。

  1. 豊かな人間性を養い、生活者としての人間を理解する基礎能力を養う。
  2. 看護実践に必要な科学的思考および看護の基本技術を身につけ、人間関係を基盤として、健康問題を解決する能力を養う。
  3. 社会情勢の変化に応じて、保健・医療・福祉チームの中で主体的かつ協調的に看護の役割を果たすとともに、現状を変革する基礎能力を養う。
  4. 研究の基礎能力を養う。
  5. 専門職者として自己の能力を評価し、自己成長のできる基盤を養う。
  6. 国際的な視野に立って活動できる基礎能力を養う。

第1学年教育目標

  1. 人間生活と健康との関りを,地域住民の生活や自身の生活を通して理解する。
  2. 人間理解の基礎となる知識,および看護活動の基礎となる知識・技術を学ぶ。
  3. 自主性を養い,主体的な学習態度の基礎を確立する。
  4. 感性を磨き,人間関係の基本を学ぶ。

第2学年教育目標

  1. 人間の健康状態を包括的にとらえる基礎的な知識を学ぶ。
  2. さまざまな発達段階や健康レベルに応じて、人々の生活を援助する理論および方法を理解する。
  3. 自主性を発揮し、他者との関わりから学び、自己成長を目指す。
  4. 看護の基礎的な理論および技術を習得し、疾病を持つ人への看護を実践する。

第3学年教育目標

  1. これまでに学んだ知識・技術を活用し、あらゆる健康状態にある人との関わりの中で、よりよい看護を探求する。
  2. さまざまな対象者への看護を実践する中で、自己の看護観を深める。
  3. 主体的な学習態度を基盤として、他者と共に学ぶ能力を持つ。
  4. 研究の基礎的知識・態度を学ぶ。

第4学年教育目標

  1. 広範な知識を統合し、プロフェッショナルとしての自己の方向性を明らかにする。
  2. 4年間の学習を総括し、さらなる発展にそなえる。

教育環境

河田町キャンパス
河田町キャンパス

大東キャンパス
大東キャンパス

授業は2つのキャンパスにて行われています。1年次と4年次の一部の授業は、創立者吉岡彌生の生誕の地である静岡県大東キャンパスで行われます。大東キャンパスの特徴として、豊かな自然と温かな人々、そして何よりも創立者吉岡彌生先生を育んだ郷土のぬくもりを肌で直に感じながら学習できることが挙げられます。また、ここでの生活では、多くの学生が自由のすばらしさと自ら律して生活することの難しさを併せて体験することにより、看護の基盤となる自立した生き方を身に付けるとともに、さまざまな人々との交流を通して自己の人間性を育むための機会を得ることができます。
2年次からは、東京の中心新宿区にある河田町キャンパスで授業が行われます。ここでは百年余の歴史を有する東京女子医科大学病院を中心に、先進的な医療を受ける人々に対する看護を学ぶほか、各専門的領域にわたる豊富な教育陣による講義・演習、多方面の実習施設での少人数制による実習を通して、専門的な看護の学習を深めていきます。