領域紹介

看護職生涯発達学

看護職生涯発達学

看護職生涯発達学

「看護職生涯発達学(Lifelong Development for Nurses)」は本学独自に創設され、看護職を支援する教育・研究・実践活動を行っています。病気や障害をもつ人とその家族に貢献する役割をもつ看護職 は、自分自身も生涯を通し多くの経験を積み成長し続ける存在です。そのため学士課程では「キャリアとは生涯を通した人の生き方」と定義し、1年次から4年 次の各学年に「キャリア発達論」の科目を設け学習をします。この科目は1年次では学士課程で学ぶことの意味を考え、2年次では「生きること考えること」を 探求し、3年次では看護職のキャリアの可能性を知り、4年次では自分のキャリアを展望することを中心的目標としています。また、学年を超えた学部生同士で の交流、医学部・早稲田大学の学生との協働教育があり、看護学を選択した学生が広い視点から自己を見つめる機会となるような教育を行います。

教科目

キャリア発達論Ⅰ

キャリア発達の基盤となるセルフケア能力やアカデミック・スキル、組織における個人と集団の基礎についての講義や演習と、看護学部内での学年を超えた交流(NHR:Nursing Human Relationship)や医学部学生と協働する演習を通して学士課程で学ぶ意味を考えます。

キャリア発達論Ⅱ

講義や医学部生との討議を行う演習を通して、看護専門職を目指すものとして人のライフサイクルとその発達課題を踏まえたうえで、生きることについて考えを深めます。また、NHRの企画・実施を通して、組織における行動について考えます。

キャリア発達論Ⅲ

看護管理の基礎を学び、NHRの企画・実施ではリーダーリップを発揮し、組織における行動について考察を深めるとともに、看護職の先輩のキャリアを聴く演習や各看護学実習における経験等を統合し、看護職のキャリアの可能性を展望します。

キャリア発達論Ⅳ

看護管理者からの講義や師長へのシャドーイング実習、医学部生他との協働演習である生命倫理ワークショップや、多数の病院関係職種を交えた医学部との協働演習を行い、本学における医療人養成のビジョンや大学院教育へのつながりを知り、看護職の多様なキャリアと統合して、自己のキャリアを展望します。

スタッフ紹介