領域紹介

看護職生涯発達学

「看護職生涯発達学(Lifelong Development for Nurses)」は本学独自に創設され、看護職を支援する教育・研究・実践活動を行っています。病気や障害をもつ人とその家族に貢献する役割をもつ看護職 は、自分自身も生涯を通し多くの経験を積み成長し続ける存在です。そのため学士課程では「キャリアとは生涯を通した人の生き方」と定義し、1年次から4年次の各学年に「キャリア発達論」の科目を設け学習をします。この科目は1年次では学士課程で学ぶことの意味を考え、2年次では「生きること考えること」を 探求し、3年次では看護職のキャリアの可能性を知り、4年次では自分のキャリアを展望することを中心的目標としています。また、学年を超えた学部生同士で の交流、医学部・早稲田大学の学生との協働教育があり、看護学を選択した学生が広い視点から自己を見つめる機会となるような教育を行います。

看護職生涯発達学

教科目

キャリア発達論Ⅰ(1年生)

キャリアの捉え方、看護職として生涯をとおして学び続ける必要性を理解し、キャリアを1年生から具体的に考えるために、看護学部3学年合同で行う協働教育(Nursing Human Relationship)で学年を超えたメンバーで共に考える機会を設けています。また、医学部との協働教育プログラムでは、「患者安全学」について多角的な視野のもと学んでいきます。

キャリア発達論Ⅱ(2年生)

人の生死について深く学ぶために、医学部との協働教育では、解剖慰霊祭とそのワークショップに参加し、解剖等にかかわる多様な立場にたって考えることで、女性医療人としてのふるまい方を学びます。NHRでは中堅的な役割を果たします。

キャリア発達論Ⅲ(3年生)

看護職のキャリアをより具体的に考えるために、先輩たちの生き方をとおして、自身のキャリアを考える機会を設けています。NHRではリーダーシップを発揮していきます。

キャリア発達論Ⅳ(4年生)

医学部・他学部生との協働による生命倫理ワークショップや多数の病院関係職種を交えた医学部との協働教育を行います。多様な交流をとおして、看護職としての自己のキャリアを具体的に展望していきます。

アカデミックスキル演習Ⅰ(1年生)

学生が主体的に学ぶための考え方と方法を習得します。具体的にはアクテイブラーニングの考え方、ポートフォリオの活用方法、パソコンを用いた文書の書き方などを習得していきます。また、建学の理念「至誠と愛」を深く学ぶための掛川キャンパスでの宿泊プログラムを用意しています。

医療における倫理学(2年生)

医療にかかわる倫理の基本的な知識を習得し、医療現場に潜む倫理的問題の構造および、問題解決のための考え方を理解します。また、具体的なケースをとおして、多様な人の価値観の相違を理解した上で、女性医療人としていかにふるまうべきかを考えていきます。

スタッフ紹介