看護学部

メッセージ

学部長メッセージ

看護学部長:日沼 千尋

看護学部長:日沼 千尋
Chihiro Hinuma

 東京女子医科大学看護学部は「至誠と愛の精神に基づき医療を行う人材を育成すると共に女性の社会的地位の向上と経済的自立を目指す」という創立者吉岡彌生先生の意志を受けつぎ、これを教育の基本理念としています。

 また、看護学部の教育理念は、「建学の精神に基づき、変動する社会情勢の中で、看護の役割を認識し、責任を自主的に果足しうる看護実践者を育成する。」すなわちいかなる状況下においても、医療倫理を遵守し、「至誠と愛」精神に基づいて行動できる看護職者としての基礎を確立することを教育目的としております。これらの教育を通して、看護の専門性を追求し、看護学の発展に寄与できるための基礎を養うことを目指します。教育に当たっては自ら学び成長しようとする学生と、学生の個性を尊重し学修を支援する教師との真剣な相互作用の過程を通して目的が達成されると考えております。
 本学部は、新宿の「河田町キャンパス」と静岡県にある「大東キャンパス」の2つの施設を有しており、それぞれの教育環境を生かした特色あるカリキュラムと各専門領域に多くの教員を配置しています。看護学部では、学生が主体的に学ぶ基礎的な能力を養うため、アクティブラーニングを取りいれ、個々の学生が持つ疑問や課題にともに取り組むきめ細かな指導を行っております。ハワイパシフィック大学やアルバーノ大学、韓国梨花女子大学の国際交流にも力を注いでおります。これらの本学独自の教育環境のもとで、豊かな人間性と柔軟な思考力を養い、看護の基礎となる知識・技術を身につけて社会に貢献できる人材として育っていただきたいと願っております。
 さらに学問の深奥を極め、研究者、教育者、高度実践看護師を目指す時には、併設している大学院看護学研究科への道も開かれています。豊かな可能性が広がる本学での学修を歓迎いたします。