耳鼻咽喉科

Otorhinolaryngology

 

特徴

耳鼻咽喉科では感覚器(聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚)疾患、頭頸部腫瘍(舌癌、咽喉頭癌、副鼻腔癌等)、唾液腺疾患、音声、嚥下障害、花粉症を含むアレルギー性鼻炎などの多岐に渡る疾患を診療しています。

 

専門外来

・中耳・鼻副鼻腔外来(毎週月曜・金曜午前) 担当医:野中学
中耳疾患については、真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎、癒着性中耳炎、鼓室硬化症、耳硬化症、中耳奇形などを対象にして、診断と手術を含めた治療および経過観察を行っています。
中耳手術症例は鼓室形成術、アブミ骨手術、顔面神経減荷術を多数行っています。 鼻副鼻腔疾患については、特に喘息との関わりが強い好酸球性副鼻腔炎に対して、手術に加えて当院呼吸器センタ-と協力して気道全体のトータルケアを行い、治療成績が向上しています。
・補聴・小児難聴外来(毎週火曜午後) 担当医:草間薫・鯨井桂子
小児難聴を含めた難聴の精密検査を行い、診断と補聴器相談などの治療を行っています。補聴器については「マキチエ株式会社」から派遣される補聴器技能者と共に、患者様お一人ひとりの聴き取りの力や必要な状況にあわせた補聴器の選定、調整を行っています。すでにお持ちの補聴器の調整も機種によってですが可能です。
・口腔乾燥、味覚障害外来(毎週木曜午後) 担当医:山村幸江
口の乾きや味覚障害に加えて舌痛、嗅覚・風味障害などに対して診断と治療を行っています。
唾液過多に対しては、シンチグラフィ等により真性唾液過多と診断された場合は、当院倫理委員会の承認のもとに頻尿(過活動性膀胱)の治療薬「M3受容体選択的拮抗薬」による治療を行っています。
・アレルギー外来(毎週木曜午後)担当医:窪田一世・斉藤慶子・池松里奈
鼻アレルギーのくわしい検査と治療を行っています。薬物治療で効果の低い肥厚性鼻炎の方などには鼻粘膜 レーザー焼灼術を行い、良好な成績を上げています。

 

耳鼻咽喉科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科の多様な領域に対応しており、耳科領域に於いては慢性および真珠腫性中耳炎、滲出性中耳炎の診断・治療を行っています。頭頸部領域では耳下腺腫瘍手術、頭頸部悪性腫瘍に対しては集学的治療を行い、QOLの改善に取り組んでいます。

さらにアレルギー性鼻炎に対するレーザー治療、口腔乾燥症、味覚障害、顔面神経麻痺、めまいの診療を行い様々な診断と治療の体制を整えています。

 

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.