整形外科

Orthopedic Surgery

 

特徴

膝、肩などの関節の痛み、くび・腰・背中の痛みや曲がりなど、全身あらゆる関節や、脊椎の問題を治療します。これら「運動器」の障害は、高齢化とともに増加し、生活の質を悪くします。また、スポーツや転倒による骨折や靱帯損傷などの外傷も治療します。高齢の方や他の疾患の合併症がある方も他科と協力して積極的に治療しています。

 

頻度の高い疾患とその治療法

変形性関節症:関節の軟骨がすり減って痛みと変形を来す疾患です。膝関節、股関節、肩関節、足関節などに生じます。人工関節置換術や骨切り術などを行います。
膝靱帯損傷や半月板損傷:スポーツなどのケガによる靱帯や半月板の損傷に対して、関節鏡を用いて修復・再建します。
脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア:脊椎の変形や椎間板の突出によって脊髄神経が圧迫され、下肢神経痛をおこす疾患です。脊椎除圧固定術やヘルニア摘出術を行います。
脊椎変形やわん曲:脊椎の変形や骨折によって、背中が曲がって痛くなり、歩くのがつらいなどの症状に対して、脊椎変形を矯正して固定します。
肩腱板損傷や脱臼:痛くて肩が上がらない、すぐに外れるなどの症状に対して、関節鏡を用いて腱や靱帯を修復します。
リウマチによる手足の変形:関節リウマチによる手足の変形に対して、骨や腱の修復による変形矯正と機能回復を行います。
手の外傷や神経の障害:手指の骨折や腱の損傷、手根管症候群などの神経障害に対する修復や神経除圧を行います。
骨粗鬆症:年齢や他の疾患の影響で骨密度が低下し、骨折の危険性が高い状態に対して、先進的な薬物療法を行います。

 

手術件数と入院期間

年間の手術件数は約1,400例です。入院期間は手術法によって3日〜21日程度まで異なりますが、平均すると17日ほどです。

 

 

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.