小児外科

Department of Pediatric Surgery

 

特徴

小児外科は出産直後の新生児期から学童期(15歳)までの呼吸器・消化器・泌尿生殖器・内分泌臓器・小児腫瘍などに見られる外科的疾患を広い範囲で取り扱っております。
先天性の疾患だけでなく外傷や生後発現する疾患も同じように小児外科専門医が治療を致します。

 

小児外科手術

最近では小児の外科手術も腹腔鏡・胸腔鏡などの内視鏡下手術で治療が可能となり多数の手術を行っています。

 

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.